朝の寝起きがだるくて起きられない5つの原因と改善と解消法!

asa2

朝の寝起きはスッキリ気持ちよく起きたい。

ただ、実際は朝の寝起きで気分よく起きたことなんてあまりなく、
だいたいだるくて辛いし起きれないなんてことありますよね。

睡眠時間がほとんど取れなかったとか、
前日に疲れが溜まっていたとかなら、
だるいのも仕方がないです。

でも、別に原因がないのに頻繁にだるくて起きられない場合は
自分ではどうしていいのかわかりませんよね。

仕事をしていたら起きれなくて遅刻することも増えますし、
仕事中もだるい状態が続いたら影響します。

それで会社での立場が悪くなったり、
クビになったりしたら笑えません。

どうにか寝起きのだるさが改善したい人も多いですよね。

そこで、今回は朝の寝起きがだるくて起きられない5つの原因と
改善から解消法まで総合的にご紹介します。

Sponsored Links

朝の寝起きがだるい5つの原因とは?

まずは寝起きのだるさを改善・解消しようにも、
原因がわかっていなければどうしようもありません。

そこで主な5つの原因についてご紹介します。

1.睡眠時間が少ない

まず、根本的に睡眠時間が少ない場合は
起きるのが辛くてだるくなります。

これはどうしようもない部分ではありますが、
なるべく睡眠の質を上げていくことが大事になります。

2.寝る前に飲酒をする

寝る前に飲酒するのは良く寝れるから
少しだけなら良いと言われることもあります。

しかし、眠りにはつきやすいのですが、
睡眠の質が悪くなります。

自律神経も乱れて深い睡眠がとれないので、
寝ているようで疲れが取れなくて、
次の日にだるくて起きれなくなる要因になります。

3.寝る時間が不規則

寝る時間が不規則だと睡眠の質が落ちます。

不規則な睡眠時間は身体のリズムも乱れるので、
深い眠りを得ることが難しくなります。

浅い眠りは疲れが取れずにだるくなる要因になります。

4.ストレスが溜まっている

日々のストレスが溜まっていると自律神経が乱れ、
深い睡眠が取れずに起きた時にだるいと感じやすくなります。

ただ、ストレスは環境によっては、
自分ではどうしようもないときもあります。

ストレスは身体の様々な不調の原因になるので、
自分で何かしらのストレス解消法を見つけていきましょう。

5.食生活が乱れている

食生活が乱れていると体調もおかしくなってきます。

それが寝起きのだるさの要因の1つになります。

インスタント食品などではなく、
栄養などのバランスを考えた食事をしましょう。

朝の寝起きのだるさの改善・解消法!

朝の寝起きのだるさの主な原因としては睡眠の質があり、
ここを改善していくことが大事になります。

睡眠時間があまり取れてないのは別としても、
十分に寝てるのにだるいということもあります。

その場合は睡眠の質が悪いということが考えられます。

睡眠の質を高めるためには以下のものがあります。

1.枕など寝具を変える

まず枕やマットレスなど寝具を
変えるのが簡単で効果的です。

特に柔らかい枕などを使っている場合は頭が沈み込んでしまい、
背骨がまっすぐに保てなくなり、肩凝りやいびきの要因にもなります。

また睡眠の質も落ちるので、
だるさの原因にもなります。

2.寝る前にTV・PC・スマホを見ない

寝る前にテレビ・パソコン・スマホなど
脳が活発になるものを見ないことも大事です。

特に最近ではスマホなどは寝る寸前まで見ている人も多く、
SNSなど気になって眠れなくなることもあります。

また、光の刺激も睡眠には良くないので、
スマホを見る際は少し離して見るなども大事です。

寝る前はできるだけリラックス状態を保ちましょう。

3.食生活の改善

食生活の乱れは身体の不調の原因に繋がります。

これは寝起きのだるさにも繋がるので、
インスタント食品などが多い場合は
バランスの良い食事をとりましょう。

特に睡眠に効果的な栄養素が必須アミノ酸のトリプトファンです。

トリプトファンはセロトニンの材料であり、
セロトニンは睡眠ホルモンのメラトニンを分泌します。

またコレステロールや血圧を
コントロールする働きもあります。

トリプトファンは以下の食材に含まれています。

豆類:大豆、枝豆、納豆など
乳製品:牛乳、チーズなど
肉類:牛、豚ローズ、豚レバーなど
魚類:かつお、まぐろなど

4.ストレス解消法を見つける

ストレスが溜まるとなかなか眠れなくなったり、
疲れが取れにくくなります。

睡眠の質も落ちるので、
寝起きのだるさにも繋がります。

ただ、ストレスは環境によってはどうにもならない場合もあるので、
自分なりに解消できる方法を見つけておくことも大事です。

お風呂にゆっくり入ってリラックスするとか、
何かストレス発散できる趣味を探すとか、
アロマなど香りでのリラックスなど。

こういった自分なりにストレス解消できるものを
見つけるのも大事です。

また関連記事として以下も合わせてご覧ください。

1.寝起きの朝に頭痛や吐き気がする8つの原因から改善と対処法!

2.めまいで吐き気やふわふわぐるぐるする際の3つの原因と対処法!

3.お酒を飲んだ後の頭痛や吐き気の5つの治し方!原因と対策法も!

まとめ

ここまで朝の寝起きがだるくて起きられない5つの原因と
改善・解消方法など総合的にご紹介しました。

ぜひ、参考にして頂けたら幸いです。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. kusareen1
  2. kami1
  3. taseru1
  4. heagomute1
  5. sisuru1
  6. cyoka2

おすすめカテゴリー記事

  1. purezento1
  2. uchiwa3
  3. misanga
  4. bizuause1
  5. koube1