バレッタの作り方と使い方!100均で簡単作成!

bareta2

バレッタとはフランス語で髪を留めるピンのことを言い、
それに金属やプラスチックなどで装飾をつけたものです。

他には髪を留めるという役割もありますが、
それよりもファッションアイテムの1つとして、
飾るために使う場合も多いのかなと思います。

またバレッタ自体にも様々な種類のものがあり、
服装や髪型などにその都度合わせることもできるので、
可愛くて便利なアイテムでもありますね。

ただいろいろと種類があるだけに、
その度に購入するのも費用がかさみますし、
自分が欲しいと思うものが見つからないこともあります。

そこで今回は100均を活用した
バレッタの作り方と使い方についてご紹介します。

Sponsored Links

必要な材料は?

まずは材料を準備しなければ何も始まりません。

意外と探すのとか大変だったりしますし、
何は必要かを記載していきます。

・デコリボンシールの粘着レースシール付き。
(黒2個、グレー2個、青2個)
・フェルトシールの黒色(9×4cmを2枚)
・レース(9cmぐらい)
・グルーガン

ここまではダイソーで販売しています。

またほとんど同じものがセリアでも販売しているので、
近くにあったら探してみてください。

・バレッタ(ピン止め金具80mm1個)
・9ピン(0.6×30mmを1本)
・丸カン(0.6×3mmを2個)
・コットンパール(4mm2個、5mm3個)

次に装飾のパーツに関しては他にも
「貴和製作所」というお店もオススメです。

ネットからでも購入できるのと、
価格も安いので費用も抑えられます。

最近は100円ショップでも手芸用品充実していて、
品揃え豊富なので便利ですね。

バレッタの作り方!

では、実際に作成している動画があるのでご覧ください。

1.まずコットンパールを9ピンに通して、
両端の先端部分をピンで丸めて輪っかを作成。

2.その後にピンを指で曲げてカーブをつけます。

3.装飾した物をレースの端の輪の部分に丸カンで繋げます。

4.その後に2枚用意したフェルトシールを貼り合わせていきます。

5.フェルトシールに装飾したレースを
中央より少し上に張り付ける。

6.リボンのシール部分を剥がしてからその部分にボンドをつけて、
それぞれフェルトに順番に貼り付けていきます。

7.さらに裏返して端っこにボンドをつけて接着していきます。

8.そこでバレッタの端が­くっついたら、
中央と反対側の端をボンドでそれぞれ止めていきます。

9.3回に分けることですぐにボンドが固まって
上手く接着できないのを防ぐことができます。

これで完成となります。

ここでは1つの物を紹介してはいますが、
他にも素材などいろいろと変えていくことで、
それこそ無限にパターンはあります。

自分だけのオリジナルの物を作成できるし、
コストも安く済みます。

それにやっぱり自分で手作りするのは楽しいし、
愛着とかも湧くのでいいですよね。

ちなみにですが、他にもこんなものを作成することもできます。

1.手作りリボンの作り方!ヘアゴム・布でも簡単作成!

2.シュシュの簡単で可愛い作り方と編み方!

3.手作りピアスの作り方!プラバンとレジンで簡単作成!

まとめ

ここまでバレッタの作成方法と使い方についてご紹介しました。

ぜひ興味があれば1度やってみてください。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. taniku1
  2. heagomute1
  3. sukato1
  4. rejin2
  5. kanki1
  6. gojiai1

おすすめカテゴリー記事

  1. piasu33
  2. dorai1
  3. wapen2
  4. fan1
  5. kurisumasu1