ビーズブレスレットの初心者でも簡単な作り方!

bizuause1

ブレスレットを手作りするとなると普通は職人とか
プロ級の人しかできないと思うかもしれません。

しかし、ビーズを使ったものなら簡単にできます。

確かに店で販売しているような綺羅びやか物は難しいですが、
そのぶん自分だけの1点ものですし、
普段身に付けるものなら愛着も湧きやすいですよね。

またデザインもオシャレなものを作ることは十分可能です。

そこで今回はビーズを使っていろいろな種類のブレスレットの
簡単な作り方についてご紹介します。

Sponsored Links

必要な材料は?

まずは何事も準備からということで、
どんな材料が必要なのかを記載していきます。

材料といっても基本的にビーズと糸があれば、
あとは簡単にできてしまいます。

あとはどんな種類を選ぶかで、
いろいろな種類のものができます。

だから、好みのもので構いませんが、
ここではいちおう参考例として上げていきます。

・ファイヤーポリッシュ(サイズ40mmを30個ぐらい)

・ソロバン型ビーズ(スワロフスキー)青15個 ピンク15個ぐらい

・丸小ビーズ 100粒ぐらい

・留め具用のボタン

・ステッチ専用糸(丈夫な合成繊維なら可)

・ステッチ専用針(10号ぐらい)

・ソリ刃のハサミ

以上のものがあればだいたい大丈夫です。

ビーズは好みで変えていけば雰囲気も変わりますし、
可愛らしいものや大人っぽいものまで出来ます。

ビーズブレスレットの作り方!

まずは実際にやり方の動画があるのでそちらをご覧ください。

1.糸を180cmぐらいに切っていく。

2.専用の針を通していく。

3.糸の端っこから30cmぐらいのとこまでストッパーを通します。

4.そこから針をもう1度同じ方向から通すと固定されます。

5.固定されたらソロバン型青、ピンク、丸小、ファイヤーポリッシュ、
丸小の順番に通していきストッパーのとこまで持っていきます。

6.その後にピンクのビーズに針を再度通します。

7.これで1個目の輪っかが完成します。

8.ここからは青ソロバン、丸小、ファイヤーポリッシュ、丸小と通します。

9.その後に1個目で作った輪っかのピンクから糸が出ている
反対側から糸を通していきます。

10.その後に2個目の青ソロバンに糸を通していきます。

11.これを青とピンクを交互に変えて、
どんどん輪っかのを広げていきます。

12.これを繰り返して腕の長さまで繋げていきます。

13.最後に丸小ビーズと留め具ボタンで止めるためのを作ります。
留め具の詳細のやり方は細かいので動画のほうをご覧ください。

また他にもオシャレなアイテムを手作りするための
詳細な記事などもあるので、興味があれば合わせてご覧ください。

1.シュシュの簡単で可愛い作り方と編み方!

2.ミサンガの簡単でおしゃれな作り方&編み方!

3.輪ゴムブレスレットの作り方!フォークと100均で簡単作成

まとめ

ここまでビーズブレスレットの初心者でも
簡単な作り方をご紹介しましたがいかがでしたか?

最初は何かと難しいとは思いますが、
1度出来るようになってしまえば簡単です。

また中身を変えるだけでまったく違う雰囲気の物も
作れてしまうので良いですよね。

あとは友達とかにプレゼントしたりすれば、
かなり喜ばれるのかなと思います。

ぜひ興味があれば1度試してみてください。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. bujyu2
  2. iyakahu2
  3. kosuta2
  4. uchiwa3
  5. kasiko1
  6. werukamu1

おすすめカテゴリー記事

  1. tato1
  2. sorube1
  3. bareta2
  4. rozeto1
  5. purezento1