ドライフラワーの作り方と飾り方!自宅でも失敗しない方法!

dorai1

ドライフラワーは自然の花を乾燥させて、
主に装飾用に使ったりしますよね。

切り花だと数日で枯れてしまうので、
凄く綺麗でも儚い命です。

儚いからこそ綺麗に見えるということもありますが、
長く飾っていたいというときもあるかなと思います。

そんなときに活用したいのがドライフラワーです。

生きたお花には魅力がありますが、
装飾としてしばらく保存でいるのが
ドライフラワーの魅力だと思います。

母の日などプレゼントでも良いですしね。

ただ実際にドライフラワーを作るとなると、
自分ではできないとか、難しいと思うかもしれません。

そもそも自分でやろうと思うわないかもしれませんが、
実は自宅でも簡単にできてしまいます。

そこで今回は自宅でも失敗しない
ドライフラワーの作り方と飾り方についてご紹介します。

Sponsored Links

必要な材料は?

まずは下準備として必要な
材料について記載していきます。

・切り花
・電子レンジ
・耐熱容器
・シリカゲル

シリカゲルに関しては耐熱容器に敷き詰めるので、
大量に入ってるものを購入しましょう。

高いものではないというか、
普通に100均でも売っています。

ほとんどコストをかけることなく、
簡単にできてしまいます。

それでは次からやり方のほうを記載していきます。

ドライフラワーの作り方!

まずは実際に作成している動画があるのでご覧ください。

1.まず耐熱容器にシリカゲルを敷き詰めていきます。

2.その上に切り花を置きます。

3.さらにその上から花が隠れるぐらい、
シリカゲルを敷き詰めていきます。

4.ふたをしないで電子レンジに入れて、
50秒ほどチンしていきます。

この際に電子レンジによって適度な秒数は
変わってきますので、1度やってみて調整してください。

6.耐熱容器から切り花を取り出せば、
ドライフラワーの完成です。

またオーソドックスなやり方として、
以下の方法もあるのであわせてご覧ください。

電子レンジを使った方法凄く簡単ですが、
束の切り花はちょっと大変です。

そういった場合はオーソドックスの方法も活用できますね。

どちらにしてもそこまで難しいものではないので、
動画などを参考に試してみてください。

ドライフラワーの飾り方!

dorai3

ドライフラワーはインテリアとして、
様々な場所に飾ることができます。

それこそ自分の好み次第でいくらでも変わるのですが、
今回はあえて風水的な要素も含めて解説します。

まず風水的な観点から見るとあまり良いとはされていません。

悪い気が溜まってしまうと言われていますが、
実際はそこまで影響はないようです。

そのかわり飾ったまま放置しておかないで、
ほこりや汚れなどは掃除しましょう。

綺麗な状態を保っていれば、
そこまで運気を下げることもないそうです。

また飾る場所に関しては
玄関と寝室に置くのはNGだそうです。

玄関は良い気の入り口であり、
寝室は良い気を貯めるところです。

それ以外の場所に飾って楽しむのがいいですね。

ポイントは綺麗に保つことと、
玄関と寝室以外の場所に置く。

あとは好きなように好みの場所に
置けばいいってことですね。

また関連記事として以下の記事も良ければあわせてご覧ください。

1.サンキャッチャーの作り方!効果や飾り方の方法も!

まとめ

ここまで自宅でも失敗しないドライフラワーの作り方や
飾り方についてご紹介しました。

ぜひ、参考にして頂けたら幸いです。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. uchiwa3
  2. heagomute1
  3. meison1
  4. misaniro1
  5. reinbo1
  6. sumaho1

おすすめカテゴリー記事

  1. kyandoru2
  2. misanga
  3. arubamu2
  4. fasuna1
  5. misanga2