江戸川花火大会2017の日程と穴場スポット5選!有料席と場所取り情報も!

edogawa1

江戸川花火大会といえば千葉県の市川市と同時に開催されていて、
人出も凄くて人気の大会となっていますね。

市川市民納涼花火大会との同時開催ということもありますが、
人出も合わせると日本で1番で隅田川花火大会を越えます。

もともとは別々の大会だったそうですが、
10回目以降から同時にやるようになったそうです。

趣の違う8つのテーマでプログラムを構成されていて、
恒例の5秒で1000発を打ち上げるオープニングなど
花火自体にも魅力があります。

ただ江戸川花火大会自体でも90万人の人出があり、
市川のほうと合わせると130万人近くになります。

そうなると当然ながら相当混雑するので、
場所取りなども熾烈な争いになります。

そこで今回は江戸川花火大会の2017年の日程と
穴場スポットを5つ厳選してご紹介します。

またあわせて有料席と場所取りや混雑情報など
総合的に情報をお届します。

Sponsored Links

江戸川花火大会の2017年の日程と時間は?

まずは事前情報として日程や時間は欠かせないですね。

他にも現地の最寄り駅と地図も合わせて
わかりやすくパッと見てわかるように記載していきます。

【開催日程】

2017年8月5日(土曜・見込み)

【開催時間】

19時15分~20時30分(見込み)

【場所】

江戸川河川敷(江戸川区上篠崎1丁目25番、都立篠崎公園先)

最寄り駅は新宿線篠崎駅から
徒歩15分ぐらいとなっています。

【打ち上げ数】

約14000発

それではここで江戸川花火大会の
様子が映った動画があるのでご覧ください。

オープニングからフィーナーレまでのダイジェスト版になるので、
これを見ればだいたいの感じがわかるかなと思います。

まずはオープニング映像になります。

次はフィナーレの映像になります。

場所取りも最適な穴場スポット5つを厳選!

1.篠崎公園

ここは打ち上げ会場のすぐ近くで
なおかつ正面にある公園です。

当然ながら絶好の穴場スポットになります。

人混みに関してもまずは江戸川河川敷から埋まっていくので、
ここはその次に埋まっていく感じになりますね。

また敷地も凄く広い公園で、24時間駐車場もあるので、
ちょっと早めに行けば良いところで場所取りできます。

篠崎駅から徒歩でだいたい20分くらいです。

2.市川市側の河川敷

江戸川の河川敷は1番混雑していて、
早朝にいかないと良い場所は埋まってしまいます。

他のところも昼過ぎにはかなり埋まってしまいます。

ただ市川側の河川敷はまだマシなほうなので、
最初からこちらで見るという選択肢もありだと思います。

国府台駅より徒歩でだいたい20分ぐらいです。

3.篠崎ポニーランド周辺

河川敷から少しだけ離れていることもあり、
こちら側まで来れば結構空いてます。

目前に橋がかかっているのですが、
問題なく花火を見ることができる穴場スポットです。

篠崎駅から徒歩でだいたい15分ほどとなっています。

4.総武線の陸橋下

ここは周りに視界を遮るものが何もないので、
十分に花火を見ることができます。

打ち上げ場所からは多少離れていますので、
時間ギリギリとかでもまだ空いていたりします。

江戸川駅から徒歩でだいたい8分ぐらいとなっています。

5.大洲防災公園

こちらは市川市側のほうの穴場スポットになります。

河川敷のほうが混雑していて嫌だという場合は、
少し会場から離れていますがゆったりと鑑賞できます。

市川駅から徒歩でだいたい20分ぐらいとなっています。

有料の閲覧席の情報!

まず有料席なんですが江戸川のほうには設置されていません。

ただし、市川側のほうに有料席が設置されているので、
確実に席を確保して見たい場合はそちらになります。

まだ2017年の詳細などは発表されていませんが、
去年の情報などを先に記載していきます。

※詳細はわかり次第修正します。

販売場所:チケットぴあ

販売開始日時:7月初旬ごろ

桟敷席180㎝×90㎝(定員4人):1マス18,000円
ペア席150㎝×90㎝(定員2人):1シート10000円
イス席(定員1名・1枚):1席6,000円

いちおう前年度の情報ではありますが、
今年もそこまで変更されることはないと思います。

また関連記事として以下も良ければご覧ください。

1.立川昭和記念公園花火大会2017の日程と穴場スポット5選!場所取りも!

2.隅田川花火大会2017の日程と穴場スポット7選!場所取り情報も!

3.足立の花火2017の日程は?穴場スポットと場所取り3つを厳選!

4.葛飾納涼花火大会2017の日程と穴場スポット5選!場所取りや最寄り駅も!

まとめ

ここまで江戸川花火大会2017年度を十分に
満喫するための情報をご紹介しました。

ぜひ、参考にして頂けたら幸いです。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. kanagawahanabi1
  2. atugi1
  3. katusika1
  4. biwa2
  5. kosigaya1
  6. kumagaya1

おすすめカテゴリー記事

  1. oohorihanabi1
  2. chikuhana1
  3. katusika1
  4. kanagawahanabi1
  5. todabasi1