手作りガーランドの作り方!紙やフェルトで装飾や結婚式にも!

ga-rando2

ガーランドといえば壁の装飾に活用したり、
結婚式などにも利用したりしますよね。

イベントやパーティーなど、
その場を見た目なども含めて盛り上げるためにも
あると便利なものですね。

日本ではガーランドは装飾って感じですが、
もともとは勝利の花輪、花冠という意味だそうです。

最近ではこれを手作りするのが流行っていたりします。

例えば結婚式なんかは自分たちで用意できるものは、
なるべく手作りしたいって人も増えています。

特にこういったものは購入しても味気ないですからね。

そこで今回は紙やフェルトなどを活用して装飾や結婚式にも使える
手作りガーランドの作り方についてご紹介します。

Sponsored Links

必要な材料は?

まずは何事も下準備が大事というか、
材料がなければ何も始まりません。

そこで必要な材料を最初に記載していきます。

【紙を使った物に必要な材料】

・好きな色の折り紙(何種類もあったほうがカラフルです)
・紐(ペーパーロープ、麻紐など)
・レースシール
・セロハンテープ
・ハサミ

【フェルトを使った物に必要な材料】

・フェルト生地(2色)
・リボン(2cm×3m)
・レース(2.5cm×3m)
・接着剤

だいたい紙とフェルトを使った物は
以上の材料があれば作成できます。

また材料のほとんどは100均で揃えることができます。

手作りの良さはコストが安く抑えることができるのもあるので、
材料もなるべく安く購入していくといいと思います。

ちなみにセリアが手芸用品が豊富なのでオススメです。

手作りガーランドの作り方!

それでは実際に作成している動画があるのでご覧ください。

【紙を使った作成方法】

1.まず折り紙を対角線で三角になるように折っていきます。

2.三角になった折り紙の両端を半分づつ合わせるように折ります。
イメージとしてはキツネみたいな形にします。
(ここは動画を見たほうがわかりやすいかなと思います)

3.その後に紙を三角の状態に広げた後に折り跡が2つできるので、
そこからハサミで2つとも切っていきます。

4.そうすると菱形になるので、それをまた半分に切れば、
紙のガーランドを飾るようのものができます。

5.次に切った紙の上辺(尖ってない部分)を紐が通るぐらいに折ります。
(ここも動画のほうを見たほうがわかりやすいと思います)

6.次に紐を通して接着剤で固めます。

7.これをある程度の長さの紐に飾っていきます。
また紙にレースシールなどで飾ると見栄えも良くなります。

これで紙の物が完成となります。

ちょっと言葉での説明ではわかりづらい部分があるので、
動画で随時補完してみてください。

【フェルトを使った作成方法】

1.型紙などを用意してフェルト生地を
フラッグ型になるように切っていきます。

2.フラッグ型にしたフェルトの上から
ローマ字などを切り取った文字を重ねます。

3.フラッグの上部にリボンを付けるので、
その分ののりしろを空けておきます。

4.のりしろに部分に接着剤を付けて、
リボンに並ぶように順番にくっつけます。

5.最後にリボンにレースを上から重ねて貼っていきます。

また型紙などは以下のサイトからダウンロードできるようです。
作り方ももっと詳しく書いてあるので、参考にしてみてください。

>>http://www.less-is-beautiful.com/20140207_wedding-garland-2/

ちなみにですが、他にもこんなものを作成することもできます。

1.手作りロゼットの簡単な作り方!結婚式とウェルカムボードに最適!

2.手作りコサージュの簡単な作り方!結婚式や卒園式に最適!

3.ウェルカムボードを手作りするアイデア集!100均でもおしゃれに!

まとめ

ここまで紙やフェルトなどを活用して装飾や結婚式にも使える
手作りガーランドの作り方についてご紹介しました。

ぜひ1度興味があれば試しにでもいいので作成してみてください。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. kodomo1
  2. husen1
  3. meison1
  4. fasunap1
  5. kanki1
  6. asa2

おすすめカテゴリー記事

  1. karesik1
  2. uchiwa3
  3. syusyu2
  4. misanga2
  5. gojiai1