ジェルネイルのセルフのやり方と落とし方!オフで失敗しない方法も!

jeru1

ネイル業界は新たなものが続々と出ていますが、
ジェルネイルは今でも不動の人気ですよね。

ただし、他のものとは違ってセルフでやるのが、
比較的難しい部類でもあります。

基本的にはネイリストさんにやってもらう人も多いのですが、
最近は道具なども進化してきているので、
セルフでやる人も増えてきていますよね。

やっぱり、ジェルを硬化させるためのUV・LEDライトも
安く購入できるようになったのもセルフでやる人が多くなった、
要因の1つでもあるのかなと思います。

ただし、ジェルネイルを自分でやる場合には、
いろいろと注意しなければいけない点もあります。

他にもオフ(落とし方)とかも適当にやってしまうと、
トラブルの原因
になることもあったりします。

そこで今回はジェルネイルのセルフでのやり方や落とし方から、
オフで失敗しないための方法などご紹介します。

Sponsored Links

ジェルネイルに必要な材料と道具は?

まず、セルフでジェルネイルをやる場合には、
いくつか材料や道具を揃える必要があります。

普通のネイルよりは少し必要なものは多いですが、
今は必要なものが揃ったキットなども販売しています。

ちなみに主に必要なものは以下です。

・ウッドスティック
・ジェルネイルブラシ
・UV・LEDライト
・ジェルのベースコート
・ジェルのトップコート
・カラージェル

だいたい、これぐらいあれば大丈夫です。

ただ、これらの材料をすでに持っていればいいですが、
これから始めるとなると、全部揃えるのは少し面倒ですよね。

そこで、こういった道具をセットにして、
以下で安く販売している場所もあります。

ジェルネイルの前の手入れ方法!(プレパレーションのやり方)

まずはジェルを塗っていく前に爪のお手入れをしていきます。

それをプレパレーションと呼びますが、
最初は道具の使い方なども含めて、
やり方がわからないことも多いと思います。

そこで以下の動画で実際にやり方があるのでご覧ください。

1.まず、石鹸などで手を洗って消毒をしていきます。

2.次に消毒用のエタノールをコットンなどに含ませてから、
爪や手の全体をさらに消毒していきます。

3.エメリーボードという爪専用のやすりを使って、
爪の長さや形を整えていきます。

エメリーボードを上手く使っていくコツとしては、
ノコギリのようにギコギコ削っていくのではなく、
一定方向に動かしていきます。

4.ウッドスティックにコットンの切れ端を巻き付けて、
甘皮をプッシュアップしていきます。

ちなみにプッシュアップとは甘皮を押し上げていくことです。

このプッシュアップをするかしないかで、
仕上がりが変わってきます。

5.次にルーススキンも一緒に除去していきます。

6.最後にコットンに消毒エタノールを染み込ませて、
爪の油や汚れをすべて拭き取っていきます。

最後にしっかりと汚れを拭き取っていかないと、
ジェルが浮いてしまう原因にも繋がります。

ジェルネイルのセルフでのやり方!

ここまでに事前のお手入れが終わっていたら、
いよいよジェルネイルのやり方になります。

その方法については以下の動画で解説しているのでご覧ください。

1.まず最初にジェルベース・カラー・トップの液体を、
つまようじなどでしっかりと混ぜていきます。

これは容器の中の成分が下に沈殿しているからです。

2.ジェルベースをブラシに付けてから、
爪の中央にのせていきます。

その後に甘皮と皮膚にベースがつかないように注意して、
爪全体厚くならないように薄目に塗っていきます。

ここで厚めに塗ってしまうと、
剥がれやすくなります。

3.ジェルを爪の先端にも塗っていきます。

ここまでの工程で甘皮や皮膚にジェルがついてしまった場合は、
必ずウッドスティックなどできちんと拭き取っていきましょう。

これをちゃんとしないとリフトの原因の1つになります。

4.次に各自持っているUV・LEDライトで硬化をしていきます。

ハンドタイプのライトの場合には爪の横の部分など、
満遍なくライトをあてて硬化していきます。

5.次ぎにブラシにカラーを付けてから、
爪の中央にのせていきます。

そこから先ほどと同じように甘皮・皮膚につかないように、
爪全体に塗っていきましょう。

ここでも必ず付いてしまった場合はウッドスティックで、
きちんと除去していくようにしましょう。

6.この後にUV・LEDライトで硬化していきます。

7.この後にカラーを二度塗りしていき、
先ほどの硬化をさせていきます。

これを繰り返していくと発色が強くなるので、
好みの色になるまで繰り返していきます。

8.次にトップジェルをブラシに付けてから、
爪の中央にのせてから、爪全体に塗っていきます。

その後に今までと同じように甘皮や皮膚についたものは、
ウッドスティックで除去していきます。

9.最後にライトで硬化していけば完成です。

ジェルネイルの落とし方・オフで失敗しない方法!

ジェルネイルをする場合はオフの仕方も重要です。

完全に硬化させているということもあり、
落とし方もしっかりとしないと取れません。

しかも、中途半端にやってしまうと爪を痛めたり、
トラブルの原因にも繋がります。

そこで、オフで失敗しないためにも、
実際に動画で紹介しているものが以下にあるのでご覧ください。

【必要な材料】

・コットン
・アルミネイル
・ファイル(やすり)
・ウッドスティック
・ピンセット
・ジェルリムーバー

【作業工程】

1.まずリムーバーが染み込みやすくなるように、
ファイルを使って爪の表面を軽く削っていきます。

この際に自分の爪まで削らないように注意しましょう。

2.次に皮膚を保護するためのオイルがあれば、
それを爪の周りの皮膚の部分に塗っておきましょう。

この際にはオイルは爪につかないようにします。

3.次に爪の大きさに合わせたコットンを用意して、
そのコットにリムーバーを染み込ませていきます。

4.それをピンセットなど掴むもので、
爪の上にのせていきます。

5.次にコットンのリムーバーが蒸発しないように、
アルミホイルで包んでいきます。

これをすべての爪にやっていった後に、
15分ぐらい待ちます。

6.この後にアルミホイルを外してくと、
ジェルがふやけた状態になります。

それをウッドスティックで削って取っていきます。

この際になかなか取れない場合は無理に剥がさずに、
再度リムーバーでふやかしてから摂りましょう。

これをすべての爪で繰り返していきます。

最後に爪にキューティクルオイルか、
代用でハンドクリームでも可能なので、
それを塗って乾燥を防いで保護すれば完了です。

また、他のネイル関連の記事も以下にあるので合わせてご覧ください。

1.ミラーネイルのやり方!100均パウダーでセルフでも簡単に作れる!

2.マグネットネイルの100均でのやり方!マグアートの使い方も!

3.チークネイルのセルフでのやり方!ジェルでも失敗しない方法も!

まとめ

ここまでジェルネイルのセルフでのやり方と落とし方から、
オフでで失敗しない方法などご紹介しました。

ぜひ、参考にして頂けたら幸いです。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. asiura1
  2. megaitai1
  3. chi-ku1
  4. yubi1
  5. mituami1
  6. yoru1

おすすめカテゴリー記事

  1. magunetto1
  2. bebi2
  3. yoru1
  4. mesita1
  5. 2015-02-05_082454