ハイビスカスの育て方や剪定方法は?挿し木と植え替えや種類も解説!

haibisukasu1

園芸の中でも人気のあるハイビスカス。

ハイビスカスは園芸にまったく興味がなかった人でも、
一度育て始めるとハマってしまうと言われています。

その理由としてはやっぱり綺麗な花の見た目がありますね。

また大きな特徴としては大きくて赤い綺麗な花が、
毎日のように咲くということにあります。

1日のうちに朝方に咲き始めて、
夜にはしぼむというのを繰り返します。

しかも、初心者でもある程度の知識があれば、
簡単に毎日咲かすことができるので、
見ていて凄く楽しいんですよね。

これがなんといっても人気の理由であり、
魅力的な部分かなと思います。

ただ、基本的には冬を越すのが難しいのですが、
ちゃんと知識さえあれば翌年も花が咲きます。

そこで今回はハイビスカスの育て方や剪定方法から、
挿し木や植え替え方法などをご紹介します。

Sponsored Links

ハイビスカスの育て方は?

まずはハイビスカスの育て方を動画で
いろいろと解説しているのでご覧ください。

1.環境による種類の選び方!

まずは種類によって暑さ耐性など変わってくるので、
環境によって選ぶといいかなと思います。

・ハワイアン系

花の大き:巨大輪
葉の形状:波打つ大きな葉
暑さ耐性:そこまでない
花付き:そこまで良くない

・在来系

花の大き:大・中輪
葉の形状:ギザギザの中葉
暑さ耐性:そこそこ強い
花付き:良い

・コーラル系

花の大き:小輪
葉の形状:小さな葉
暑さ耐性:強い
花付き:良い

2.最初にすること

まず苗で購入することがほとんどだと思いますが、
その際に最初にすることがあります。

ハイビスカスは根の成長が早いので、
購入後は鉢を一回り大きなものに変えていきます。

詳細な方法は後ほど解説していきます。

3.水やり

やっぱり植物にとって水やりは最も大事なものになります。

ハイビスカスは生育期には多くの水を必要とする植物です。

特に夏場は頻繁に水やりが必要であり、
土が乾いたらたっぷりと与えるようにします。

ハイビスカスを枯らしてしまう要因としては、
水不足や逆に与えすぎが多いです。

水やりはそれぐらい大事なので、
慣れるまでは実際に土を手で触って、
乾燥具合など確認しながらやっていきましょう。

4.置き場所

ハイビスカスは日光が当たる場所を好むので、
なるべく日が差す場所に置きましょう。

ただし種類にもよりますが、30度以上の高温が続くと
株が弱ってきてしまうので注意が必要です。

夏場はなるべく風通しのよい涼し場所で、
明るい日陰か遮光ネットなどを活用しましょう。

また冬場も室内に移動させましょう。

ハイビスカスの植え替え方法は?

まずは実際に植え替えしている動画があるのでご覧ください。

1.ハイビスカスの植え替えの際はまず一回り大きな鉢を用意します。

2.そして鉢から取り出して根を手でくずしてから、
1/3ぐらいをハサミで切っていきます。

3.新しく用意した鉢の底に軽石を入れてから、
底に軽石を入れ、赤玉土(中粒)5:腐葉土3:バーミキュライト2を
混ぜ込んだ用土をある程度まで入れて苗を入れます。

4.そこから隙間などに残りの用土を入れて、
固定していきます。

5.最後にたっぷりと水を与えてら1週間ぐらいは、
日陰に置いて管理していきます。

ハイビスカスの剪定方法は?

まずは剪定している動画があるのでご覧ください。

ハイビスカスの剪定は花が咲き終わって10月~11月頃に行います。

この剪定は冬を越すために必要なものとなります。

ハイビスカスは1年草と言われていますが、
実際にはちゃんと手入れをすれば冬を越えて、
次の年も花を咲かせます。

そのために必要なのが剪定というわけです。

やり方としては動画にもありますが、
全体の1/3ぐらいの長さになるように切ります。

親枝から生えている小枝をも葉が
2枚ぐらい残るぐらいまで切っていきます。

挿し木や増やし方は?

haibi2

ハイビスカスは挿し木で増やすことができます。

挿し木の適期としては6~7月上旬です。

在来系やコーラル系は挿し木が適していますが、
ハワイアン系は接ぎ木のほうが良いです。

1.まず元気な枝で葉が2~3枚ついたものを切り取ります。

2.次に植物活力液を入れた水に半日以上入れておきます。

3.その後に小さな鉢に用土を入れたものに植えていきます。

4.あとは水やりをしっかりとして、日陰で管理していきます。

5.ここで成功していれば1ヶ月ぐらいで根が出てくるので、
そうなば後は大き目な鉢に植え替えていけば完了です。

まとめ

ここまでハイビスカスの育て方や剪定方法から
挿し木から植え替え方法や種類までご紹介しました。

ぜひ、参考にして頂けたら幸いです。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. karankoe1
  2. koke1
  3. unberata1
  4. pakira3
  5. monsutera2
  6. potosu1

おすすめカテゴリー記事

  1. karankoe1
  2. koke1
  3. potosu1
  4. pakira3
  5. monsutera2