手作りヘアゴム(リボン・ビーズ)の簡単な作り方!

heagomute1

ヘアゴムといえば女性なら1つや2つは持っている、
必需品であり、ちょっとしたときにも使えます。

またついでにおしゃれなアイテムの1つとして
活用している人もいるのかなと思います。

どうせ使うならおしゃれなほうがいいですからね。

また100均とかで売っているようなものもありますが、
どうせなら自分で作成したお気に入りのもの
1つぐらい持っておくのもいいですよね。

とにもかくにも便利アイテムなのは間違いないし、
いくらあっても困るものでもないですよね。

でも、そんなに簡単にできるのかと思うかもしれませんが、
意外とできてしまいます。

やっぱり難しいというイメージがあるかもしれませんが、
いざ始めてしまえば思っているほどではないと感じるかなと。

そこで今回はヘアゴムでリボンやビーズを
使った作り方などをご紹介します。

Sponsored Links

リボンを使ったやり方!

まずは何事も準備からということで、
必要な材料から記載していきます。

・ヘアゴム
・幅が20cm、5cmぐらいのリボン
・幅が25cmぐらいのレースリボン

あとは以下の動画に作成方法があるのでご覧ください。

基本的には材料などすべて100均で揃えることができます。

セリアなどは手芸で使えるものが豊富なので、
近くにあれば探してみてください。

見つからない場合は手芸店などでも販売しています。

また通常のものとレースのものを組み合わせたり、
単体だけでも作成することはできるので好みのものができます。

材料であるリボンさえ変えればいいだけですので、
かなり楽に作成することができます。

ここは実際に作っていく中でいろいろとアイデアも含めて、
作れるようになると思います。

ビーズを使ったやり方

まずは何事も準備からということで、
必要な材料から記載していきます。

1.ヘアゴム
2.糸(20番)
3.ビーズ(6mm玉、8mm玉、10mm玉)
4.かぎ編み

以上の材料があれば作成できます。

では、実際に作成している動画があるのでご覧ください。

1.1段目を2本取りで編む

2.糸にビーズを通す

3.細編みで編みこむ

あとは詳しくは動画のほうで解説しています。

ここではビーズシュシュのやり方となっていますが、
もとはヘアゴムを使っているのでほぼ同じです。

そもそも両方とも似たようなものなので。

シュシュは手にも髪をまとめるのにも使えますが、
ヘアゴムもちゃんと飾ったものは、手につけても違和感はないです。

また他にも以下のようなものも作成することができます。

1.ミサンガの簡単でおしゃれな作り方&編み方!

2.シュシュの簡単で可愛い作り方と編み方!

3.プラバンとレジンアクセサリーの簡単な作り方!

まとめ

ここまでヘアゴムを使った作成方法ついて
ご紹介しましたがいかがでしたか?

シンプルな何もついてないものは使い勝手良く
それ以上は必要ないという人も多いかと思いますが、
1つだけでも良いので試しに作ってみてください。

愛着が湧くのもあるし、ハマる人はハマるので、
生活の中で1つの趣味というかやりがい的なものが
見つかるかもしれませんので。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. san3
  2. kutu1
  3. fas1
  4. omamori2png
  5. bizuause1
  6. ringupiro2

おすすめカテゴリー記事

  1. siru1
  2. husen1
  3. rejin2
  4. taniku1
  5. reinbo1