市川花火大会2017の日程と穴場6選!場所取りや有料席・屋台情報

ichikawa1

市川市民納涼花火大会は千葉でも人が大勢訪れる
人気のあるイベントですね。

この大会は江戸川区花火大会と同時開催であり、
江戸川を挟んで大会の名前が変わる感じですね。

また、それぞれで違う花火を上げるとかではなく、
どちら側でも一緒の花火を見ることができます。

花火大会は資金がかなり必要ではあるので、
同時開催することで補ってるのかもしれませんね。

ただし、同時開催ということもあり、
花火のプログラムは凄く豪華でもあります。

花火開始から1000発の花火が上がったり、
8つのテーマが違うものが打ちあがったりなど、
満足のできる内容になっています。

ただし、2つの大会を合わせると139万人の人出があり、
市川市側だけでも49万人の人出があります。

そこまで人出が多いと場所取りなども大変になってくるので、
どこか空いている穴場とかあれば知りたいところですよね。

そこで今回は市川市民納涼花火大会の2017年の日程や時間と、
厳選した穴場スポットや場所取りと有料席・屋台情報などご紹介しますね。

Sponsored Links

市川市民納涼花火大会の2017年の日程と時間は?

まず最初に花火大会に行く前の事前準備として、
日程や時間は知っておきたい情報ですよね。

また、他にも知りたい情報として、
現地の最寄り駅と地図も合わせて、
わかりやすいように記載していきます。

【開催日程】

2017年8月5日(予定)

【開催時間】

19時15分~20時30分(予定)

【場所】

本部会場:千葉県市川市大洲3丁目地先 江戸川河川敷
行徳会場(サブ):河原地先江戸川河川敷

【交通】

本部会場:市川駅から徒歩で約15分
行徳会場(サブ):妙典駅より徒歩で約18分

【打ち上げ数】

14000発

それではここで市川花火大会花火大会の
ダイジェスト動画があるのでご覧ください。

市川花火大会の魅力でもある、
フィナーレの動画があるのでご覧ください。

有料席の情報は?

市川花火大会は人出が49万人も訪れるということで、
場所取りをする際も打ち上げ場所に近い場所など、
良いところは競争も激しいです。

そこで早い時間から場所取り競争をしないで、
有料席で見るという手段もあります。

有料席は時間も気にせずに確実に見れますからね。

市川市民納涼花火大会は有料席の販売を行っていて、
本部会場のほうで席が用意されています。

また、席の種類もいくつか用意されているのでご紹介します。

【有料席一覧】

【イス席(1人用)】

・料金:6000円

【ペア席(2人用)】

・料金:10,000円

【桟敷席(定員4人)】

・料金:18,000円

【購入場所】

有料席チケットの購入方法は以下です。

・チケットぴあ
・サークルK・サンクス
・セブンイレブン

詳細に関しては各自のHPのほうで確認してみてください。

屋台情報は?

cyouhu1

市川市民納涼花火大会は屋台が多く出店されます。

屋台の出店場所も江戸川区側と市川市側の両方出店されるので、
いろんな場所で屋台を楽しめるのが魅力ですね。

花火よりも屋台が楽しみって人も多いですからね。

屋台が出店されている場所は以下です。

【江戸川区側】

・江戸川駅など会場の最寄り駅の周辺
・駅から会場へ向かう道沿い
・江戸川沿いの土手の下

【市川市側】

・市川駅・本八幡駅・国府台駅の周辺
・駅から会場へ向かう道沿い
・江戸川土手沿い周辺

だいたい、ここで書いた周辺に屋台は多く出店されています。

また市川市側の屋台のほうが空いているので、
屋台を楽しみたい人はそちら側のほうがいいですね。

屋台スポットは花火打ち上げ前はかなり混み合うので、
早めに行って購入してから見るといいかなと思います。

場所取りにも最適な穴場スポット6選!

市川市民納涼花火大会は江戸川側と同時開催で、
人が大勢訪れるイベントになります。

打ち上げ場所から近いところなどは、
すぐに場所取りで埋まってしまいますからね。

そこで比較的空いていて、花火が見やすい
穴場スポット7つをご紹介します。

1.行徳会場

市川市民納涼花火大会ではサブの会場として、
行徳会場が用意されています。

ここは打ち上げ場所から少し離れてはいるのですが、
花火は十分に見ることができます。

また、少し離れているというだけでも、
人混みはメインよりもかなり緩和されています。

人混みがほとんどないというわけではないですが、
場所取りなども激戦というわけでありません。

妙典駅より徒歩で22分ぐらいとなります。

2.篠崎公園

篠崎公園は打ち上げ場所からも距離が近いので、
迫力のある花火を楽しむことができます。

また、メイン会場よりは多少は混雑は少ないのと、
広い公園なので場所取り自体はしやすいです。

ただ、人気のスポットでもあるので、
早めに行動しないと良い場所は埋まってるかなと思います。

篠崎駅より徒歩で15分ぐらいです。

3.大洲防災公園

大洲防災公園は花火の打ち上げ場所からは少し離れますが、
正面の位置あるので綺麗に見ることができます。

また、人混みもそこまで多いわけではなく、
公園なので場所取りはしやすい穴場スポットですね。

市川駅より徒歩で18分ぐらいです。

4.篠崎緑地10号周辺

篠崎緑地10号周辺は目の前に視界を遮るものがなく、
混雑もあまりない穴場スポットです。

打ち上げ場所からは少し離れてはいますが、
ゆったりと見やすい場所を探している人におすすめです。

篠崎駅より徒歩で12分ぐらいです。

5.国府台駅から近くの河川敷

ここは会場からは少し離れているので、
迫力という点では物足りないかもしれませんが、
視界を遮るものがないので綺麗に見ることができます。

また、国府台駅からアクセスが良い場所にあるので、
場所取りしてゆったりと大勢で見たい場合はおすすめです。

国府台駅から徒歩で5分ぐらいです。

6.県道6号線近くの下流河川敷

ここは場所取りをしてまで見たくないとか、
時間ギリギリでもいちおう見たい場合などには、
おすすめの穴場スポットですね。

ただ、打ち上げ場所からは離れているのと、
少し視界を遮る橋などもあります。

高い場所に打ち上げられる花火は十分に見ることはできるので、
穴場スポットの1つではありますね。

原木中山駅より徒歩で32分ぐらいです。

まとめ

ここまで市川市民納涼花火大会の日程や時間から、
厳選した穴場スポットや場所取り・有料席・屋台など、
総合的に情報をお届けしました。

ぜひ、参考にして頂けたら幸いです。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. todabasi1
  2. ageo1
  3. tachikawa1
  4. koubenahabi1
  5. oohorihanabi1
  6. kounosu1

おすすめカテゴリー記事

  1. teganuma1
  2. ageo1
  3. todabasi1
  4. kosigaya1
  5. yokohama1