腐れ縁の意味とは鎖縁!男女別の断ち切り方と運命の相手を見極める方法

kusareen1

よく「○○とは腐れ縁でさ」とった言葉は聞いたりしますよね。

でも、実際のところ腐れ縁という言葉を使ってはいますが、
どんな関係なのかよくわからないって人が多いと思います。

イメージ的にはある時期に一緒にいたりはするが、
ある時期はまったく連絡を取らなくなるなど、
くっついたり離れたりを繰り返す関係とかですかね。

友人だとわりと腐れ縁は良い関係のイメージはありますが、
男女の関係だと付き合ったり別れたりなど悪いイメージもありますね。

そうなると、腐れ縁っていったいどんな関係なんだろとか、
定義が曖昧で良いのか悪いのかもわかりません。

ただ、腐れ縁には本当の意味があります。

そこで腐れ縁の本当の意味や断ち切る方法だったり、
運命の相手を見極める方法などをご紹介します。

Sponsored Links

腐れ縁の本当の意味は鎖縁!

腐れ縁は比較的悪いイメージとして、
捉えられていることが多いです。

友達の場合はまだ良いイメージもあるかなと思いますが、
恋愛においてはズブズブな関係みたいな感じもありますよね。

ただ、これはあまり知られていませんが、
腐れ縁には本来の意味としては鎖縁という説もあります。

鎖縁とは切ろうとしても切れないぐらい深い縁で、
強い絆で結ばれた相手のことを言います。

この鎖縁は悪い意味での縁ということではなく
良縁がずっと続くというもので、
それが腐れ縁に変化してきたという説ですね。

そういった説を聞くと、捉え方次第で意識は
変わってくるのかなと思います。

腐れ縁の男女別のパターン

ここまで腐れ縁の意味についてご紹介しましたが、
この関係は果たして腐れ縁なのかどうかわからない場合もありますよね。

人との関係はそれぞれみんな違うので、
これってどうなのと疑問に思うこともあるかなと思います。

そこで同性と異性別でのパターンをいくつかご紹介します。

同性の腐れ縁のパターン

kusare3

同性の場合は意外と良い関係の場合が多いです。

例えばですが、学校の同級生だった人が、
そのまま大人になってずっと付き合いがあるとかですね。

同性で腐れ縁の場合は昔からの付き合いが多いです。

大人になってから知り合う人の場合は利害関係強くなってくるので、
その後もずっと付き合いがあることは少ないですね。

また、いくつか共通するパターンもあります。

・一緒にいても気を遣わず自然体でいられる
・一時期連絡を取らなくなっても、気づいたらまた連絡している
・喧嘩をしてもすぐに仲直りしている
・ふとした時に何をしているのか気になる
・転換期になってもずっと縁が続く

このように一緒にいる時期と離れている時期を繰り返しても、
なんだかんだ気づいたら縁が続いているのが腐れ縁
です。

良い悪いに関わらず人生においてずっと縁が続いている友達は、
人によってはいないことも多く、貴重で大事な存在です。

そういった関係のある友達がいるだけでも幸せなことかもしれませんね。

異性(恋人)の腐れ縁パターン

kusare2

同性と比べて恋人や異性の腐れ縁は悪いイメージが多いですよね。

くっついては離れてを繰り返して、
お互いに成長できない付き合いの場合もあります。

他にも長く付き合っていてるだけで冷めているとか、
将来のビジョンを共有できていないとかもありますね。

ただ、すべてがダメということではなく、
場合によっては縁がずっと続く運命の相手の可能性もあります。

そこで、まずはダメな腐れ縁のパターンをいくつかご紹介します。

1.短期間の別れと仲直りを繰り返す

まず、1番多いパターンとしては短期間の別れと
仲直りを繰り返すパターンですね。

何か些細なことでもすぐ別れるということを言ったり、
喧嘩をすることも多いです。

ただ、すぐによりを戻すことが多く、
その際は一気にラブラブになったりします。

このように仲の良いときと悪くなる期間が極端だったり、
くっついたり離れたりするパターンが多いです。

2.相手への依存心が強い

長い間一緒にいるということだけで、
自分にはなくてはならないものと感じやすくなります。

相手への依存心が強いせいで、
冷静な判断ができなくなることも多いです。

相手との関係で物凄く嫌なことが続いたとしても、
別れるという選択肢を外してしまうこともありますね。

また、いざ別れてみると寂しくなってしまって、
今までの嫌なことを忘れて復縁を繰り返すことも多いです。

3.周りから別れることを勧められる

ダメな腐れ縁の場合は周りに相談すると、
高確率で別れたほうが良いと言われます。

ただ、本人は依存心が強かったりもするので、
人にそう言われると反発して、余計に依存心が強くなったりもします。

他人から見れば明らかに良好な関係ではないのに、
自分ではそう思わない時点で冷静な判断を失っている可能性が高いです。

4.将来のビジョンや価値観を共有していない

将来のビジョンや価値観を共有していないということは、
今後も付き合っても良い未来は得られません。

将来の進む方向性などがある程度同じものならば、
結婚など良い関係に進むことも多いです。

学生のうちはなんとなく付き合っているでも問題ないですが、
大人になっても将来のビジョンや価値観を共有していないようであれば、
それは良好か関係とは呼べません。

5.お互いの関係を考えないようにしている

長い間一緒にいると、関係を切ることも面倒になります。

一緒にいると特に何も考えなくても済むし、
別に一緒にいる理由もないけど、別れる理由も特にない。

まあ、これから相手を探すのも面倒だし、
今の関係のままでもいいかと考えることを止めて、
ある意味では現実逃避をします。

お互いの関係が悪いものなのはわかってはいるけど、
深く考えないように思考停止状態になることがあります。

運命の相手を見極める方法

kusare4

ここまでダメな腐れ縁についていくつかパターンをご紹介しましたが、
本来は鎖縁とも呼ばれていて、深い絆で結ばれた相手かもしれません。

そんな相手を間違って縁を切ってしまうのは、
やっぱり勿体無いことです。

良い縁にするのか、悪い縁にするのかは自分の関係の築き方でも変わり、
相手がだけが悪いのではなく、自分の責任があることもあります。

そういったことを理解して困難を乗り越えた後に、
本当に仲の良いカップルや夫婦になることもあります。

見極める方法としては先ほどのダメなパターンを参考にしつつ、
自分も考え方を変えていき、良好か関係を築こうとしてみてから、
それでも相手が変化がなかったら断ち切ることを選択肢に入れます。

運命の相手かダメな腐れ縁なのかを判断するのは、
まず自分が変わってみることが大事です。

相手のせいにするのではなく、
相手の関係を冷静に判断して考える。

これをしても相手が変わらないようだったら、
関係を断ち切ったほうがいいかもしれません。

まとめ

ここまで腐れ縁の本当の意味についてや、
同性や男女の関係の腐れ縁のパターンについてご紹介しました。

また、どういう場合は断ち切ったほうがいいのかとか、
運命の相手を見極める方法などもお届けしました。

ぜひ、参考にして頂けたら幸いです。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. sourumeito1
  2. rapingu1
  3. bukukaba1
  4. kodomo1
  5. piasu33
  6. tato1

おすすめカテゴリー記事

  1. taniku1
  2. thisyu1
  3. kusareen1
  4. kyandoru2
  5. tato1