巻き爪の5つの原因と治し方!自分での手足の矯正や爪の切り方も!

makitume1

巻き爪は手足で起こる症状ではありますが、
特に足の爪でなりやすいものです。

巻き爪は見た目も変形していて悪いですし、
何より爪が食い込んで激痛になることもあります。

爪の食い込み方は人それぞれではありますが、
痛みを伴うものなので、どうにかして治したいですよね。

ただ、簡単に治せるものではなく、
酷い場合は病院に行かないと治せないこともあります。

ただ、なかなか巻き爪で病院に行くのも抵抗があったり、
ついつい放っておいてしまうこともありますよね。

そこで、酷くなる前なら自分でも矯正して、
対処することも可能です。

また、爪の切り方も重要な要素になります。

そこで今回は2枚爪の5つの原因と治し方から、
自分で手足の爪の矯正の方法や爪の切り方など、
総合的に情報をお届けします。

Sponsored Links

巻き爪の5つの原因とは?

まず、巻き爪にはどういったことが
原因でなるのかを知っておくことが大事です。

自分がどれに当てはまるのか知らないと、
なかなか対処するにしても難しいですからね。

そこで主な5つの原因についてご紹介します。

1.遺伝による影響

まず、遺伝による影響なんですが、
これは遺伝によって巻き爪になるということではなく、
なりやすい爪の形の場合があるということです。

他の人より形がもとから巻いている場合など
他の影響でなりやすいことがあります。

【対処法】

遺伝に関しては対処のしようもないですが、
あくまでも巻き爪になりやすいだけです。

ちゃんと日々のケアをしていれば、
未然に防ぎやすくなります。

ケアに関しては爪の保湿をしっかりとしていきます。

基本的にはハンドクリームなどで保湿していきますが、
その際に爪の先までしっかりと塗り込むようにしましょう。

他にもキューティクルオイルと呼ばれる、
爪に潤いを与えるためのものが販売しています。

ピンポイントで使えるので便利であり、
試してみるのもいいかなと思います。
>>キューティクルオイルの購入はこちらから!【楽天】

2.年齢によるもの

加齢によって爪の形も変わってきます。

加齢によって爪が厚くなってくるので、
それにより爪が水分が十分にとれなくなり、
硬くなる傾向にあります。

また、乾燥により爪が縮むこともあり、
その影響で巻き爪になることがあります。

【対処法】

年齢による老化もどうしようもないことですが、
こちらもケアをしっかりとしておくことが大事です。

ケアの方法に関しては上記の方法と同じです。

3.正しい爪の切り方をしていない

巻き爪は外的要因によりなることが多く、
いくつか注意すべき点があります。

その中でも頻繁に行う爪の切り方には注意が必要です。

nimaitume2
出典:http://www.sinwa-clinic.com/archives/836

実は切る際に深爪にしてしまうと、
巻き爪になる原因となります。

深爪には注意が必要なんですが、
他にもバイアス切りもあまり良くありません。

バイアス切りとは両端を短めで真ん中付近は長めにするものです。

このバイアス切りは見た目には綺麗ですが、
サイドの部分を短くしているので、
指の肉に食い込みやすくなってしまいます。

そこで正しい爪の切り方としては
スクエアオフと呼ばれるものが最適です。

スクエアオフは爪をスクエアになるように切って、
最後にサイド部分をカットしていくものです。

【対処法】

対処法としては正しい切り方をしていくことです。

深爪は厳禁でスクエアオフになるようにしましょう。

4.靴の大きさが合っていない

靴の大きさが小さいものを履いている場合は
巻き爪の大きな原因となります。

靴は毎日履くものでもあるので、
小さいものだと爪に圧力が常にかかるので、
段々と内側に変形していってしまいます。

それが原因で巻き爪になることがあります。

また女性の場合はヒールやパンプスなど、
靴の先が細いものを履くことが多いので、
それも圧力が加わりやすいです。

巻き爪は女性のほうが多い傾向にありますが、
こういった履物による要因も大きいです。

【対処法】

靴は毎日長時間履くということもあり、
爪への負担もかなり大きいです。

小さいほうがフィットする部分もありますが、
自分にあった大きさのものを選ぶようにしましょう。

ただ、女性の場合はどうしてもヒールやパンプスなど、
履かなければいけない場面もあります。

その場合は対処するならケアをマメにするようにしましょう。

5.つま先に負担のかかる運動やスポーツ

スポーツで巻き爪になる原因になると言われれると、
かなり意外に思うかもしれません。

でも、身近なスポーツで爪に負担をかけるものも多く、
頻繁に行うものだと影響を及ぼします。

・マラソン
・ウォーキング
・フットサル
・サッカー
・バレーボール

スポーツの場合は走ったり、止まったりを
繰り返すようなものが爪に負担をかけやすいです。

【対処法】

スポーツをする場合はそれぞれの競技に対応した
スポーツシューズを履くことが多いです。

スポーツをしている際は普段よりもつま先に負担がかかるので、
より靴選びはしっかりとしていかないといけません。

スポーツ店の人などに大きさなど見てもらったりとか、
自分にあったものを選んでいくのがいいですね。

巻き爪の自宅での治し方や矯正方法は?

巻き爪は一度なってしまうと自分では治すのが難しいです。

あまりにひどい状況なら病院に行って診てもらう必要もありますが、
軽い内はさすがに病院に行くのもなと思う人もいます。

そこで自宅でも矯正できるようなグッズがいくつも販売されています。

・ワイヤー系
・器具系
・プレート系

自分にあったものを探して試してみるのもいいかなと思います。

ただ、あくまでも軽度なものに効果があると言われているものなので、
完全に治すなら病院に行って診てもらいましょう。

ちなみに以下は巻き爪に効果があると言われているグッズの1つですね。
>>自宅で簡単巻き爪矯正のグッズはこちらから!

他にも以下のような道具を使わない方法もあるそうです。

効果は個人差があると思うのでなんとも言えませんが、
いちおう動画でやり方があるのでご紹介します。

巻き爪は1度なってしまうと治すことは難しいので、
その前にケアをしていくことが大事になります。

なるべく、軽度のうちに対処していくといいと思います。

また関連記事として以下も良ければご覧ください。

1.爪のでこぼこや縦線は病気のサイン?原因や治療法はある?

2.爪の黒い縦線が手足にでる5つの原因は?黒の薄い線を消す方法!

3.二枚爪の4つの原因と治し方!手足の爪の切り方やケアと対処法も!

まとめ

ここまで巻き爪の5つの原因と治し方から
総合的に情報をご紹介しました。

ぜひ、参考にして頂けたら幸いです。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. ringo
  2. nejiri2
  3. 075588
  4. nayami2
  5. mimiita1
  6. asi1

おすすめカテゴリー記事

  1. asikubi1
  2. 075588
  3. poni3
  4. nodoitami1
  5. memai1