みなと神戸海上花火大会2017の日程と穴場4選!場所取りや最寄り駅も!

koubenahabi1

みなとこうべ海上花火大会は
神戸でも大人気のイベントです。

最近では街自体の人気も凄く高く、
夜景スポットとしても有名になりましたね。

しかも、打ち上げ場所も神戸港の夜景と
一緒に楽しめるところなので魅了が倍増ですね。

海と夜景をバックに打ち上がる花火
普通のものとは違う雰囲気がありますね。

また尺玉やスターマイン、仕掛け花火など
様々な凝ったものが見れますね。

ただ当然ながら人気ということもあり、
当日は非常に混み合います。

ただ港からの打ち上げとなるので、
周りから見ることができるので、
穴場スポットも多く存在します。

そこで今回はみなとこうべ海上花火大会の2017年の日程と
厳選した穴場スポット4つをご紹介します。

また場所取りや最寄り駅もあわせてご案内します。

DSC_0005

みなとこうべ海上花火大会の2017年の日程と時間は?

まず大事な情報としては日程と時間だと思います。

また他にも現地の最寄り駅と地図も合わせて、
パッと見てすぐにわかりやすいように記載していきます。

【開催日程】

2017年8月5日(見込み)

【開催時間】

19時30分頃~20時30分(見込み)

【場所】

神戸港(新港突堤沖海上)

【打ち上げ数】

約10000発(予定)

それではここでみなとこうべ海上花火大会の
様子が映った動画があるのでご覧ください。

王道スポットの場所取りと最寄り駅!

まず穴場スポットの前に王道スポットのご紹介です。

海上での花火は閲覧場所も多いため、
メイン会場とされるところも3つあります。

それはハーバーランド、メリケンパーク、新港第1突堤です。

1.ハーバーランド

まずは例年1番混み合うのがここですね。

早くから混み合うので、ここから見たい場合は
場所取りが必要になってきます。

ただシートなどで確保するのが
2014年から禁止になりました。

シートで確保しても人がいない場合は
剥がされるとのことなので注意しましょう。

ただその場に人がいれば大丈夫みたいですね。

そうは言っても基本的には禁止なので、
あんまり早い時間からいても注意されるかもですね。

この辺は去年から禁止になったので、
まだどういった状況になるのか予想できませんね。

ただここは例年16時45分に入場規制で、
それ以降は入れなくなってしまうので、
昼前頃に行ってシートで待っていたりすれば、
大丈夫かもしれませんね。

最寄り駅は神戸駅で徒歩で7分ぐらいとなっています。

2.メリケンパーク

メリケンパークもメイン会場の1つであり、
早い時間帯から混み合います。

ここも場所取り必須だったんですが、
禁止になったことで影響がありますね。

またここは例年18時から入場規制になります。

それ以降はそのエリアに入れなくなるので、
注意しましょう。

最寄り駅は元町駅から徒歩で15分ぐらいとなっています。

3.新港第1突堤

ここは有料の閲覧席もあり、
花火が1番近くで見ることができます。

ただ、そこの東側部分に無料エリアがあるので、
そこで見ることができます。

ただここの非常に混み合うので、
早めに行ったほうがいいです。

飲食店ブースなどもあるので、
時間を潰すことはできますね。

最寄り駅は元町駅から徒歩で16分ぐらいとなっています。

厳選した穴場スポット3つ!

では、いよいよ厳選した穴場スポット3つをご紹介します。

1.ポーアイしおさい公園

ポートアイランドの西側にある公園で、
メイン会場よりも多少空いています。

特に公園の南側は空いてることが多いので、
混雑を避けるなら南側がオススメですね。

神戸ポートタワーや神戸モザイクと
一緒に夜景も楽しめるのも魅力的ですね。

最寄り駅はみなとじま駅から徒歩で12分ほどとなっています。

2.ポートアイランド北公園

ここはポーアイしおさい公園よりもさらに空いています。

飲食ブースなどもあるので、ワイワイしながらお祭り気分で、
花火を鑑賞することができるのでオススメです。

ちょっと手狭な公園ではあるのですが、
意外な穴場スポットになっています。

最寄り駅は中公園駅より徒歩でだいたい10分ぐらいとなっています。

3.新港第3突堤

打ち上げ場所に比較的近いのですが、
メイン会場よりは空いています。

突堤先端部には3000人ぐらいスペースがあり、
スペース自体は結構広いですね。

ただ収容人数がいっぱいになると、
入場制限がかかるので注意が必要です。

飲食ブースもないので、
事前に用意しておきましょう。

最寄り駅はポートターミナル駅より徒歩で13分ぐらいとなっています。

4.新港第4突堤

ここは西側の岸壁と東側の岸壁で見ることができます。

特に東側の岸壁はかなり空いているので、
時間ギリギリの場合はそちらに行ってみるといいかなと。

また西側のポートターミナル2階、3階送迎デッキは
当日に席の販売を行っています。

当日の13時より先着順で3600円で販売されていました。

最寄り駅はポートターミナル駅から徒歩で3分ぐらいです。

まとめ

ここまでみなとこうべ海上花火大会の
2017年の総合的な情報をご紹介しました。

ぜひ、参考にして頂けたら幸いです。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. hunabasi1
  2. tamagawa1
  3. tuchiura2
  4. kumagaya1
  5. kounosu1
  6. pl1

おすすめカテゴリー記事

  1. hachiouji
  2. pl1
  3. itabasi1
  4. hausutenbosu1
  5. hunabasi1