岡崎花火大会2017の日程と時間!穴場7選と場所取りや屋台情報!

okazakihanabi1

岡崎花火大会は正式名称は「岡崎城下家康公夏まつり」と言い、
大きなお祭りのイベントの1つとして花火大会があります。

岡崎花火大会は全国でも有数の大会であり、
地元の人だけでなく他県からも大勢訪れます。

「岡崎城下家康公夏まつり」自体も大きなイベントで、
花火以外にも十分に楽しむことができます。

また花火自体も岡崎城を背景にメロディースターマインや
金魚花火、銀滝などこだわりの色々な種類のものが見れます。

見ていて飽きないという魅力もありますね。

ただ、全国から48万人も訪れるということで、
現地はかなり混み合うので、場所取りなどは大変です。

そこで今回は岡崎城下家康公夏まつり花火大会の
2017年の日程と時間から厳選した穴場7選をご紹介します。

また有料席や屋台情報など総合的な情報をお届けします。

Sponsored Links

岡崎花火大会の2017年の日程と時間は?

まず花火大会に行く前の準備として日程と時間は
やっぱり事前に調べておきたい項目ですよね。

また他にも現地の最寄り駅と地図も合わせて、
わかりやすいように記載していきます。

【開催日程】

2017年8月5日(土曜日・見込み)

【開催時間】

18時50分~21時00分(見込み)

【場所】

岡崎花火大会は打ち上げ場所が2つあり、
乙川河畔と、矢作川河畔になります。

【交通】

乙川河畔は岡崎公園前駅から
だいたい徒歩で10分ぐらいとなっています。

矢作川河畔は岡崎公園前駅から
だいたい徒歩で16分ぐらいとなっています。

ただし、打ち上げ会場周辺は立ち入り禁止区域にもなるので、
閲覧できるスポットはある程度限られてきます。

・乙川河畔の地図

・矢作川河畔の地図

【打ち上げ数】

非公開となっています。(例年は20000発ぐらい)

それではここで岡崎花火大会の
動画があるのでご覧ください。

また大会の見どころの1つでもあるフィナーレの
映像の動画もあるのでご覧ください。

有料席情報は?

岡崎花火花火大会は有料席の販売を行っています。

ただ、桟敷席での販売のみとなっていて、
乙川河川敷殿橋下流右岸付近になります。

【乙川河川敷殿橋下流右岸】

・桟敷席:48000円(定員6名)
・電灯1灯(希望者)4000円

【購入場所】

購入方法は以下の2つがあります。

1.花火大会への協賛申し込みをする。

協賛の申し込み用紙は観光協会窓口か、
郵送も行っているので、岡崎観光協会にお問い合わせください。

2.花火大会さ敷抽選会へ参加する。

抽選場所:岡崎中央総合公園武道館

受付時間:9:00~10:00

申込資格:18歳以上

詳細などは以下の公式HPにあるのでご覧ください。
>>http://okazaki-kanko.jp/event/1693.html

屋台情報は?

cyouhu1

岡崎花火大会は全国から大勢来るイベントですが、
屋台も100店舗以上出店されます。

100店舗はかなりの規模になるので、
屋台巡りだけでも楽しむことができます。

花火よりも屋台を目的にしている人も多いですね。

ちなみに岡崎城下家康公夏まつりの屋台の場所はいくつかありますが、
メインとなるのは以下の場所です。


・東岡崎駅~殿橋~岡崎城までの通り沿い
・岡崎公園内

もし、屋台も楽しみたい場合は「岡崎公園前駅」よりも、
「東岡崎駅」から歩いて会場に向かうと屋台巡りをしながら、
花火会場まで行けるのでオススメです。

屋台の出店時間は早いところは昼ぐらいからやってるところもありますが、
だいたいは17時ぐらいから本格的に出店されていきます。

終了時間はだいたい22時までだそうです。

場所取りにも最適な穴場スポット7選!

岡崎花火大会は有料席の桟敷席しかないので、
グループ以外の人は場所取りしないと良い場所では
なかなか見ることができません。

また、メイン会場周辺は非常に混んでいるので、
場所取りも早くから行かないといけません。

そこで岡崎花火大会の穴場スポット7つをご紹介します。

1.乙川南側の川原

ここは花火を見るなら穴場の中では1番良い場所です。

花火も打ち上げ会場から近くて、
迫力を楽しめて綺麗に見ることができます。

また仕掛け花火など高いところに打ち上げないものも、
十分に見ることができるので場所取りにも最適です。

ただし、穴場の中では断トツで人気の高い場所なので、
15時ぐらいまでに場所取りしないと良い場所は埋まります。

それでも少し早めに場所取りが出来る人は
オススメの穴場スポットになりますね。

最寄り駅は東岡崎駅より徒歩で11分ぐらいとなっています。

2.岡崎公園芝生広場&駐車場

岡崎公園にある芝生広場と駐車場は
打ち上げ会場からかなり近くて花火が綺麗に見えます。

公園の屋上駐車場は終日開放されていて、
バス駐車場は15時から観覧場所として開放されます。

また芝生広場は場所取りにも最適で、
仕掛け花火なども綺麗に見ることができます。

ただし、ここも打ち上げ会場からかなり近いので、
場所取りは早目に行かないと埋まってしまいます。

東岡崎駅より徒歩で12分ぐらいです。

3.岡崎中央総合公園

岡崎中央総合公園は打ち上げ会場からは少し離れていますが、
その分、空いているのでゆっくりと花火を見ることができます。

ただ、仕掛け花火などを見えづらいですが、
普通の打ち上げたものに関しては綺麗に見えます。

あまり早くから場所取りなんでできないという場合は
ここは穴場スポットになりますね。

また駐車場が5400台もあるので、
車で行きたい人も安心ですね。

4.篭田公園

篭田公園は打ち上げ会場からは少し離れていますが、
仕掛け花火以外は十分見ることができます。

メイン会場は混雑していて場所取りも面倒な場合は
篭田公園は他よりも空いているので穴場スポットですね。

東岡崎駅より徒歩で13分ぐらいです。

5.乙川河川敷庭球場

打ち上げ会場から少し西側にあるテニスコートで、
比較的迫力のある花火を楽しむことができます。

見晴らしも良い場所なのでオススメの穴場スポットですが、
少し混み合うので場所取りは先にしたほうがいいですね。

岡崎公園前駅より徒歩で7分ぐらいです。

6.矢作川左岸の八帖南町1丁目付近

もう1つの打ち上げ場所である矢作川と乙川の
ちょうど中間ぐらいの場所である矢作川左岸の
八帖南町1丁目付近も穴場スポットです。

ここはそれぞれの打ち上げ場所から中間ぐらいの場所なので、
両方の花火を見ることができるスポットです。

ここの矢作川の堤防なら混雑はそこまでないので、
ゆったりと両方の花火を見れる穴場スポットですね。

岡崎公園前駅より徒歩で5分ぐらいです。

7.矢作川左岸の第10号渡橋河川緑地付近

矢作川左岸の第10号渡橋河川緑地付近は
打ち上げ会場の南側にあります。

矢作川の花火を見るのにオススメの穴場スポットです。

乙川会場の花火はかなり遠くになってしまいますが、
矢作川はよく見えるのと混雑はしていないので、
時間ギリギリとかでゆっくり見たい場合は良い穴場です。

六名駅より徒歩で12分ぐらいです。

まとめ

ここまで岡崎花火大会の2017年の日程と時間から
場所取りにも最適な穴場や屋台情報など総合的に情報をご紹介しました。

ぜひ、参考にして頂けたら幸いです。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. tachikawa1
  2. urayasu1
  3. kosigaya1
  4. oohorihanabi1
  5. kamakurahanabi1
  6. itabasi1

おすすめカテゴリー記事

  1. kosigaya1
  2. biwa2
  3. yodogawa1
  4. katusika1
  5. hausutenbosu1