お酒を飲んだ後の頭痛や吐き気の5つの治し方!原因と対策法も!

zutuu1

お酒を飲んだ後の頭痛や吐き気って本当に辛いですよね。

しかも、お酒を飲んでいるときは凄く楽しいので、
パーッと騒いでストレス発散のはずが・・。

あんなに飲まなければ良かったなど、
だいたい症状が現れてから後悔するものです。

もう頭痛や吐き気が来てしまってからは
ただひたすら治まるのを待つしかありません。

夜になっても寝れないなんてこともありますね。

そんなお酒を飲んだ後の症状ですが、
すぐに症状として現れるものと、
二日酔いという後に出るものがあります。

また人によって酔い方もまったく異なるので、
自分がどういう体質なのかというのも、
把握しておくことも大事です。

そこで今回はお酒を飲んだ後の頭痛や吐き気の
5つの治し方と原因や対策方法なんかもご紹介します。

Sponsored Links

頭痛や吐き気の症状の原因は?

まずお酒にはすぐに症状が出る人と、
二日酔いで後で出る人があります。

これはその人の体質よって変わってきたりします。

1.お酒が弱い人

まずお酒が弱い人はアルコールの分解をした際に出る、
アセトアルデヒドを分解する能力が低い人です。

このアセトアルデヒドが頭痛や吐き気の症状を発生させるもので、
毒物でもあるので分解していかないと体に影響が出ます。

またお酒が弱い人でもアルコールの分解が早い人と、
遅い人で酔い方が少し変わってきます。

アルコールの分解が早い人はアセトアルデヒドの発生も早く、
酔う前に頭痛や吐き気が襲ってきます。

また遅い人は酔いやすいのですが、
その後に発生したアセトアルデヒドにより、
猛烈な頭痛や吐き気が襲ってきます。

2.お酒が強い人

お酒が強い人はアセトアルデヒドの分解能力が高い人です。

また先ほどのアルコールの分解が早い人と遅い人で、
酔い方が変わってきますね。

アルコールの分解が早い人はお酒を飲んでも酔わなくて後にも残らなくて、
遅い人は酔いやすいですが、頭痛や吐き気なども起こらない人ですね。

お酒による頭痛や吐き気の治し方!

osake3

1.水分を補給する

二日酔いの際には水分が不足しているので、
水を一杯飲んでおくといいですね。

またスポーツドリンクなど吸収が良いものがあれば、
そういったものでも大丈夫です。

とにかく血中のアルコール濃度を下げるという意味でも、
水分を補給するのは大事になってきます。

なるべく早く体外に排出することで、
頭痛や吐き気の治まりも早くなります。

2.ぬるま湯かシャワーを浴びる

新陳代謝を早めることで
毒素を体外に排出するのが早まります。

ただし泥酔状態では絶対にお風呂に入らないでください。

また二日酔いなど水分が不足している状態なので、
お風呂に入ることで脱水症状になることがあります。

また熱いお風呂もやめておきましょう。

血行が急によくなることもあり、
逆に症状が悪化することもあります。

まず入浴する前にある程度酔いをさまし、
水分を補給をちゃんとした後で、
軽くぬるま湯かシャワーを浴びる必要があります。

3.頭を冷やす

これは頭痛に対して効果のある方法です。

頭痛はアセトアルデヒドの影響もありますが、
アルコールが血管を拡張させることにより、
痛みが出ていたりもします。

そこで血管の拡張を抑えるためにも、
濡れたタオルなどで頭を冷やすと効果的です。

4.暗くて静かな場所で安静

いろいろと改善方法を試した後は、
最後は暗くて静かな場所での安静が1番です。

強い光や大きな音などは頭痛や吐き気を悪化させる恐れもあるので、
暗くて静かな場所での安静が効果的です。

5.ツボを押す

二日酔いには自分で簡単にできるツボを押すのも効果的です。

頭痛や吐き気に効くツボに関しては以下の動画をご覧ください。

動画のほうで紹介しているツボの中でも、
特に効果的なものは以下ですね。

【頭痛に効くツボ】

1.百会(ひゃくえ)

百会は万能のツボとも言われています。

特に頭痛や疲れ目に対して効果があるそうです。

場所は動画のほうにもありますが、
左右の耳の1番高いところを結ぶ線で、
眉間の中央部分から頭の頂上で線が交わる場所です。

2.太衝(たいしょう)

太衝のツボは肝機能が上がるのと、
頭痛軽減に効果があると言われています。

場所は動画のほうを参考にしてみてください。

いちおう足の親指と人差し指の間の
骨がつながる部分になります。

【吐き気の効くツボ】

1.合谷(ごうこく)

合谷のツボは吐き気と頭痛に効くと言われています。

場所は動画のほうにもありますが、
手の甲と親指と人差し指の付け根の間にありますね。

2.内関(ないかん)

内関は二日酔いなどの吐き気を
抑えてくれるツボになります。

場所は動画を見たほうがわかりやすいかと思いますが、
手首から指3本分下の中央の位置にあります。

予防策は?

osake2

お酒による頭痛や吐き気は
起こる前に予防できれば1番です。

そこで症状が起こる前の予防法についてご紹介します。

1.アルコール以外の水分も間に挟む

アルコールの濃度を薄めることができるので、
頭痛や吐き気を起こさないようにするのに効果的です。

またアセトアルデヒドが発生した際に分解するまでの
猶予を持つこともできるので、自分の許容範囲を超えない程度に、
水を挟むことで改善することができます。

2.お酒を飲む前に肝機能を高める食品やサプリメントをとる

最近ではお酒の二日酔いの対策のために、
ウコンなど市販の製品で様々なものが発売されています。

お酒を飲む前にこういったものを補給することで、
意外と対策になるのでおすすめですね。

3.空腹を避ける

空腹状態だとアルコールが回るのが早くなり、
血中の濃度も高くなってしまいます。

何か飲む前に軽く食べておくか、
お酒と一緒に最初にある程度食べるといいですね。

まとめ

ここまでお酒を飲んだ後の頭痛や吐き気の治し方や
原因や対処法など総合的に情報をお届けしました。

ぜひ、参考にして頂けたら幸いです。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. tuinte2
  2. mayuge1
  3. memai1
  4. neoki2
  5. 2015-02-05_082454
  6. asikubi1

おすすめカテゴリー記事

  1. onaka1
  2. siyon1
  3. cyuji1
  4. 76
  5. nayami2