六義園の桜で花見2016!開花や見頃は?ライトアップはいつ?

riku2

六義園といえば東京でも確実に5本の指に入る
桜の花見スポットだと思います。

私も何度も行ったことがありますが、
シーズンになると本当に綺麗なんですよね。

特に目玉となるのが「巨大なしだれ桜」が有名です。

これは他ではおそらく見ることはできないもので、
圧巻というかこれを見ないと始まらないって感じです。

もちろんソメイヨシノもあるのはあるのですが、
それは他でも見ることはできます。

やっぱりここでしか見れない神々しささえ感じる、
大きくて綺麗なしだれを見ないとです。

またここではそれをなんと夜にライトアップします

神々しさの中にさらに光が加わると
幻想的な暗闇にふわっと浮かび上がる感じで、
見応えは十分過ぎるほどです。

そこで今回は六義園の桜で花見を楽しむための
様々な情報などをお届していきます。

Sponsored Links

アクセスは?

riku4

これからいろいろと魅力なども含めてお届していきますが、
まずは現地に向かわないことには何も始まりせん。

そこで迷わないようにアクセスなどを記載していきます。

JRだと山手線かメトロだと南北線で「駒込駅」N14番出口から出て
だいたいですが徒歩で7分ぐらいかかります。

他は都営地下鉄三田線「千石駅」のI14番出口から
だいたい徒歩10分ぐらいで着きます。

またここは入園料がかかります。

大人300円、子供無料となっています。

開花情報と見頃は?

riku1

見るにあたって1番気になるところといえば、
開花状況や見頃がいつなのかということです。

いざ見に行ったはいいけど全然咲いてないとか、
もう散ってるとか意外とある話ですからね。

天候次第では満開の時期って凄く短いので、
1番綺麗なときに見るとなると事前に
調べておきたいところです。

特にしだれがメインになってきますので、
なおさら事前に知っておいたほうがいいですからね。

なぜかというとソメイヨシノと比べると、
少し開花が早いからです。

例年通りだと3月中旬~4月上旬となっています。

しかし、しだれに関して4月上旬ではもう遅いので、
3月24日以降に開花して3月30ぐらいにピークを迎えます。

もちろん、気温差などで多少前後する可能性はありますが、
ちょっとピークが早いということだけ覚えておきましょう。

ホームページなどリアルタイムで状況を把握もできるので、
ピークが早いというのがわかっていれば大丈夫かなと思います。

では、ここで昼と夜の桜の様子が映った動画があるのでご覧ください。

ライトアップの期間と時間は?

ここで大事な期間と時間はいつなのか。

もちろん昼間もいいですが、やっぱり夜の幻想的な
雰囲気を体験しないことには始まりません。

まず期間は2015年は3月20日~4月6日まででした。
2016年もほぼ同じ期間の開催となるかと思います。

また時間に関しては日没から21時までとなっています。
最終入園は20時30分となっています。

混雑状況や注意点!

riku3

ここは当然ながら人気のために点灯時間する際には
特に混み合うので行列ができることもあります。

特に土日が1番混み合うので覚悟はしたほうがいいかなと思います。

ただし園内はシートなど敷いて見ることは禁止されているので、
行列でも回転率は早いので、意外と早く見ることができます。

また関連記事として東京の他の人気のスポットも
記事にしているのであわせてご覧ください。

1.井の頭公園の桜で花見2016!開花やライトアップは?場所取りも!

2.新宿御苑の桜で花見2016!開花と見頃はいつ?混雑と場所取りも!

3.目黒川の桜まつりで花見2016!開花情報とライトアップも!

4.浅草・隅田川の桜で花見2016!開花や見頃は?屋形船情報も!

まとめ

ここまで六義園の桜で花見を楽しむために
様々な情報をご紹介しました。

ぜひ、1度は見ておいたほうがいいと思うので、
興味があれば足を運んでみてください。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. toneri1
  2. yosi1
  3. meguro2
  4. daigo1
  5. hakone1
  6. ino8

おすすめカテゴリー記事

  1. kawadu4
  2. sinsaku1
  3. arasi5
  4. daigo1
  5. meguro2