隅田川花火大会2016の日程と穴場スポット7選!場所取り情報も!

sumihana1

日本の風物詩の代表的なものといえば花火ですよね。

その中でも日本で最大規模といっても過言ではないのが
100万人もの人が集まるのが隅田川の花火大会ですね。

打上数や大会の規模なども含めて日本では1番かなと思います。

ただ人気も非常に高いために人混みも1番かもしれません。

まあ花火大会に大混雑は避けては通れないですが、
それでも隅田川の大会は異常だったりします。

当然ながら場所取りをしなければ座って見ることはできないですし、
もし取るとなると朝から行っても間に合うかという感じですからね。

まあ座れないにしても、せめてちゃんと綺麗に見れる場所がいいですよね。

確実にちゃんと見れる有料席もあっという間に完売しますからね。

毎年様々な穴場スポットを探してる人も多く、
人がそこまで多くない隠れた見やすい場所も存在します。

そこで今回は隅田川花火大会2016年の日程や時間と
穴場スポットから場所取り情報まで総合的にご紹介します。

Sponsored Links

隅田川花火大会の2016年の日程と時間は?

それではまずは気になることとしては、
やはり日程や時間ですよね。

日程がわからないとそもそも行けませんからね。

【開催日程】

2016年7月30日(土・見込み)

【開催時間】

第1会場19時5分~20時30分(見込み)
第2会場19時30分~20時30分

打ち上げ場所は第1会場が
言問橋上流から桜橋下流までとなっています。

第2会場は厩橋上流から駒形橋の間となっています。

【場所】

第一会場:言問橋上流から桜橋下流

sumidagawa1
(隅田川花火大会特設サイトより引用)

第ニ会場:厩橋上流から駒形橋の間

sumidagawa2
(隅田川花火大会特設サイトより引用)

【打ち上げ数】

第1会場:11000発
第2会場:11500発

合計で22500発にもなります。

それではここで隅田川花火大会の
様子が映った動画があるのでご覧ください。

花火がよく見える王道スポット!

まずは穴場をご紹介する前に王道の場所からご案内します。

みんながみんな穴場で見たいというわけでもないですし、
どうしても王道スポットと比べると見やすさは劣りますからね。

隅田公園

ここは王道であり凄く見やすいスポットではありますが、
早朝から場所取りしないといけない場所です。

朝の7~8時までには行かないと厳しいです。

おそらく良い場所は深夜から確保してるので、
ほんとに早朝からじゃないと厳しいです。

またオススメは公園の西側が良いです。

東側は上に高速道路など遮蔽物があったりするので、
見づらいところが結構あります。

また最大の激戦区は言問橋付近ですが、
ここは止めておいたほうが無難です。

普通に1週間前ぐらいから場所取りしてる人もいるので、
見やすさは1番ですが、猛者ばっかりです(笑)

隅田川花火大会の場所取りにも最適な厳選した穴場スポット7選!

隅田川花火大会は当然ながら100万人もの人が訪れるので、
当日ともなれば大混雑は避けては通れません。

もし、いい場所で見たいなら場所取りしないといけませんが、
はっきり言って人気のところは朝1からじゃないと厳しいです。

花火会場から近い場所とか壮絶な取り合いになりますね。

さすがにそこまでして見たくはないかなと私は思います。

そこで比較的見やすい場所で人もそこまで混み合っていない
穴場スポットを7つ厳選してご紹介します。

1.水戸街道(国道6号)

ここは時間限定にはなりますがオススメです。

なぜかというと18時から交通規制によって、
歩行者天国になるからです。

そのために夕方からでも場所取りができるので、
道路が歩行者天国になった瞬間にブルーシートなどで、
一斉に場所取りが始まる感じですね。

ただ同じように考えている人もかなり多いので、
早めにスタンバイしておいたほうがいいです。

ちなみに水戸街道向島5丁目バス停周辺で
5丁目のファミリーマート付近になりますね。

曳舟駅より徒歩で5分ぐらいの場所になります。

2.東白鬚橋公園

ここは比較的会場に近い場所で
混雑もそこまでしないスポットです。

しかも、ゴザも無料で貸出してくれていました。

ただ最近は結構紹介されているので、
人が多くなると貸出とかも止めてしまうかも。

また去年など段々と混雑してきたとの情報もあるので、
早めに行ったほうがいいかもしれません。

鐘ヶ淵駅より徒歩でだいたい9分ぐらいのところになります。

3.桜橋中学校周辺

ここは打ち上げ場所にかなり近いのですが、
早朝から行かなくても場所を確保しなくても大丈夫ですね。

ただかなり花火を見やすいところでもあるので、
昼ごろには行ったほうがいいかなと思います。

浅草駅からちょっと遠いですが、
だいたい16分ぐらいとなっています。

4.本所3丁目交差点付近

ここは第2会場の打ち上げが見えやすいところです。

混雑もそこまでしていないので、
わりとおすすめのスポットかなと思います。

東京スカイツリー駅からだいたい徒歩で14分ぐらいです。

5.両国国技館周辺

この辺は打ち上げ場所からちょっと離れているので、
さすがにそこまで混んでいません。

当日に他の場所はもう混雑でみれない場合は、
諦めてここに来てもいいかもしれません。

6.タワーホール船堀の展望台

ここは展望台から花火を見ることができます。

ちょっと会場からは遠いですが、
十分に見ることはできます。

また展望台も無料ですね。

船堀の駅からだいたい徒歩で3分ぐらいとなっています。

7.汐入公園内土手

ここは定番となりつつあるので、
すでに穴場ではなくなりつつありますね。

土手からじっくりと見ることができるの良いですが、
混雑はしているので場所取りは早めにしたほうがいいです。

南千住の駅からだいたい15分ぐらいとなっています。

また関連記事として以下も良ければご覧ください。

1.足立の花火2016の日程は?穴場スポットと場所取り3つを厳選!

2.葛飾納涼花火大会2016の日程と穴場スポット5選!場所取りや最寄り駅も!

3.立川昭和記念公園花火大会2016の日程と穴場スポット5選!場所取りも!

まとめ

ここまで隅田川花火大会の2016年度を満喫するための
様々な情報をお届けしました。

ぜひ、参考にして頂けたらと思います。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. tuchiura2
  2. kumagaya1
  3. hausutenbosu1
  4. itabasi1
  5. tachikawa1
  6. kounosu1

おすすめカテゴリー記事

  1. kamakurahanabi1
  2. cyohu3
  3. hunabasi1
  4. itabasi1
  5. tachikawa1