シュシュの簡単で可愛い作り方と編み方!

syusyu2

シュシュといえば女の子とって非常に便利なものですよね。

オシャレとしても使うことができますし、
髪をまとめるのにも使えます。

まさに万能なアクセサリーなんですが、
実はシュシュは自分で簡単に作ることもできます。

購入すれば早いかもしれませんが、
やっぱり手作りすることで愛着も湧くし、
常に身に付けておく人ならなおさらです。

そこで自宅でも簡単でおしゃれなシュシュの作り方をご紹介します。

Sponsored Links

作成に必要な材料は?

まずは元となる生地を用意します。

その際にこだわるならば
好みの生地を買ったり用意しましょう。

とりあえず練習してみたい場合は家にあるハギレや
着なくなった服があるなら思い切って再利用するのもありです。

あとはハンカチなんかも使いやすいですね。

どちらもない場合はハギレや生地は
Amazonとか楽天でも売っています。

ではここで必要な材料をまとめます。

1.好みの生地

2.ゴム

3.針

4.安全ピン(ゴムを通す際に使用)

5.ミシン(手縫いの場合は入りません)

これだけの材料で十分作ることができます。

シュシュの作り方

まずは実際に作成している動画があるのでご覧ください。

動画で見たほうがより詳しくやり方がわかるかと思います。

1.用意した生地を好みの長さに切っていきます。
(参考:縦14センチ×横45センチ)

2.中表にして半分におっていく。
(ここで中表にしないと縫い目が表に出てしまいます)

3.上から1センチのところに印をつける

4.印をつけたところから並縫いで縫い付ける。
(縫い目の幅は2ミリぐらいづつ)

5.縫ったところを開いてアイロンをあてる

6.動画でやっているように生地をおっていきます。

7.織った生地の上のほうを並縫いで縫っていく。

8.端まで縫い終えたら生地を動画のように引き出していく。

9.また引き出して伸びたぶんを縫っていく。

10.だいだい5センチぐらい伸びたぶんを縫ったら玉止めをする。
(硬い生地だともう少し短い段階で玉止めをする)

11.最後まで縫わずに一部を空けておきます。

12.縫ってない部分から生地を引っ張り出して、裏面を表面にする

13.縫っていない部分からゴムを通す。

14.最後に通した穴をコの字縫いで塞ぎます。

以上で完成となります。

また慣れてきたら生地の端にレース生地を縫いこんで作れば、
レースシュシュなどもできるので、いろいろと工夫してみると、
自分だけのオリジナルなものが出来ます。

あと1度作れるようになったら自分だけでなく、
プレゼントしたらかなり喜ばれるかなと思います。

生地さえ変えれば種類は無限にできるし、
家にあるいらなくなった生地でもできるので、
経済的にもお得ですね。

また他にもオシャレなアイテムを作成するための
詳細な記事などもあるので、興味があれば合わせてご覧ください。

1.ミサンガの簡単でおしゃれな作り方&編み方!

2.ビーズブレスレットの初心者でも簡単な作り方!

3.手作りヘアゴム(リボン・ビーズ)の簡単な作り方!

まとめ

ここまでシュシュの簡単な作り方を
ご紹介しましたがいかがでしたか?

きっと思っていた以上に楽だと思いますので、
ぜひ1度試してみてください。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. heagomute1
  2. burochi1
  3. sisuru1
  4. sunodomu2
  5. sourumeito1
  6. bareta2

おすすめカテゴリー記事

  1. sisuru1
  2. bizuause1
  3. dorai1
  4. syusyu2
  5. misanga2