ウンベラータの育て方と剪定方法は?挿し木や植え替えまで解説!

unberata1

観葉植物の中でもかなり人気の高いのがウンベラータです。

観葉植物は育てるのが比較的簡単なことと、
室内でも大丈夫なので人気がありますね。

その中でも葉っぱに特徴があることから、
インテリアとしても人気が高いですね。

その特徴とは葉っぱがハート型なところで、
室内に飾ると良い感じの雰囲気になりますね。

部屋にインテリアとしても置けるし、
形もハート型で見た目的に良いのが、
ウンベラータなわけです。

ただ実際に育てるとなると枯らしてしまわないかとか、
1人暮らしで管理する余裕があまりという人も多いですよね。

ただウンベラータはある程度の知識があれば、
水やりや管理方法は難しくありません。

そこで今回はウンベラータの育て方と剪定方法や
挿し木や植え替えのやり方までご紹介します。

Sponsored Links

ウンベラータの育て方は?

まずは観葉植物の基礎知識として育て方などについて
動画でいろいろと解説しているのでご覧ください。

1.水やり

まず観葉植物を育てる際に最初のポイントになるのが、
水やりの方法になりますね。

ウンベラータなど観葉植物は種類によって多少差はありますが、
基本的には水やりが原因で枯らしまうことが多いです。

ただ普通の植物と違って水の与え忘れとかではなくて、
逆に与えすぎて根腐れしてしまうってパターンが多々あります。

ウンベラータは乾燥に強い植物でもあるので、
頻繁に水を上げなくても大丈夫です。

では、どうやって水を与えるタイミングを見極めるのか。

それは実際に土を触ってみて湿っているか、
乾燥しているのかを確認します。

そこで乾燥していれば水をたっぷりと与えます。

目安としては鉢の下から水が落ちてくるぐらいです。

室内で受け皿を使っている場合は、
下に染み出た水は根腐れする原因になるので、
捨てておきましょう。

またウンベラータの特徴として春から秋にかけては
土が乾いたらたっぷり与えていきます。

夏場は乾燥にはちょっと注意をして、
乾かさないように少し早目に与えていきましょう。

逆に冬場は乾燥してから2~3日後に
水を与えるぐらいで大丈夫です。

目安としては春や秋などのは3~4日1回ぐらい。

夏場は2~3日に1回ぐらい。

冬場は5~6日に1回ぐらいですね。

これも絶対ではないので、
実際に触って確かめたりするのも大切です。

また水やりとセットで葉っぱにも霧吹きで、
水を与えるのも効果的です。

葉水は防虫効果もあるので、
1~2日に1回ぐらいやると効果的です。

2.置き場所

観葉植物で次に大事なのが置き場所だったりします。

ウンベラータは耐陰性がそこそこあるので、
室内に置いて育てることもできます。

ただし日当たりを好む植物でもあるので、
室内に置く場合は日が当たる場所が最適です。

レースのカーテン越しなど直接当たらなくても、
明るい光があれば十分に育ちます。

完全に室内でも蛍光灯が明るい場所なら育ちます。

その場合はたまに外に出して日光浴をさせると、
元気に育っていきます。

夏場の強い直射日光は葉焼けすることがあるので、
室内に置いたほうがいいですね。

また気温が15度を下回ってきたら、
室内で管理するようにしましょう。

ウンベラータの剪定方法は?

まずウンベラータの特性と剪定方法などを、
大まかに解説している動画があるのでご覧ください。

まず剪定時期に関しては冬場は避けて、
夏に向けて暖かくなる春の成長期が最適期です。

動画のほうにもありましたが、ウンベラータは放って置くと、
真っ直ぐに伸びるので、剪定しないと天井まで伸びていきます。

また剪定をした際はそこからYの字に上に伸びていくので、
完成形をイメージしておくといいですね。

自分の好みの形にすることができるのが、
ウンベラータの魅力の1つでもあるので、
剪定は大事になってきますね。

あと切った場所から白い樹液が出てきますが、
それは拭き取って乾燥させれば問題ありません。

増やし方(挿し木)のやり方は?

まず挿し木をする時期ですが、5月~8月頃までの、
気温が暖かくなる成長期にするのが適期ですね。

またウンベラータが元気なときが理想であり、
新芽がどんどん出ているときが最適です。

最初に挿し木をする際に幹を切りますが、
その際によく切れるハサミやカッターを使いましょう。

切れずらいものを使うと繊維を潰してしまい、
腐らしてしまう可能性があります。

だいたい一番上から6節分ぐらいを目安にカットして、
下の葉っぱは切って上の葉を1枚ぐらい残すと良いです。

あとはそのまま土に挿していきましょう。

またそのまま土に挿すよりも、
カットした苗を水を入れた容器に浸して、
そのまま新しい根が生えてくるのを待つ方法もあります。

容器に水を入れてそこに挿し木を入れておけば、
新しい芽が出てきます。

容器の水を1日1回取り換えればいいので、
簡単に発芽させることができます。

発芽した後はそれを鉢植えに植え替えればいいだけです。

ただ水中で発芽した芽は土に慣れさせるために、
最初は水やりを多めにしておきましょう。

そこから段々と水を減らしていき、
2週間は動かさずに安静にしておきましょう。

植え替え方法は?

unbera2

まず植え替えですが2年に1度くらいを目安にやります。

もちろん鉢植えの大きさなど条件によって変わりますが、
だいたいそれぐらいになると根が一杯になって根詰まりしていきます。

その際は時期は5月~7月の暖かくなる成長期が適期です。

植え替えの具体的なやり方は以下です。

1.少しサイズの大きな鉢植えを用意して、
そこに鉢底石を底が見えなくなるぐらい敷き詰めます。

2.次に3分1ぐらい土を入れていきます。

3.古いほうの鉢植えからウンベラータを、
傷つけないようにそっと抜いていきます。

4.その後に抜いたウンベラータの根に付いた、
土を軽く落としていき、根が傷んでいる部分は切っていきます。

5.根を整理した後に新しい鉢に入れて、
最後に土をさらに入れて、水をあげたら完了です。

1.モンステラの育て方と増やし方は?植え替えや剪定方法も解説!

2.パキラの育て方と植え替えのやり方!挿し木や剪定方法も解説!

まとめ

ここまでウンベラータの育て方や剪定方法から
挿し木や植え替え方法などご紹介しました。

ぜひ、参考にして頂けたら幸いです。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. sansuberia3
  2. karankoe1
  3. pakira3
  4. oribu1
  5. potosu1
  6. gajyu3

おすすめカテゴリー記事

  1. koke1
  2. pakira3
  3. oribu1
  4. haibisukasu1
  5. karankoe1