輪ゴムブレスレットの作り方!フォークと100均で簡単作成

wagomu1

今世界で流行している輪ゴムブレスレットご存知ですか?

アメリカから流行りだして、それが世界中に広まっているのですが、
最近になって日本にもようやくその兆しが訪れています。

たぶん「輪ゴムブレスレットってなんだ?」って
人も多いかもしれませんが、単純にそのままだったりします。

ただ輪ゴムでブレスレットを作成するだけなんですが、
カラフルに仕上げていくことでオシャレなアイテムに早変わりです。

一見するとショボそうに思うかもしれませんが、
これがなかなかどうして良い感じに出来ます。

そこで今回は輪ゴムブレスレットをフェークと100均を活用することで
あっという間に簡単にできる作り方についてご紹介します。

Sponsored Links

輪ゴムブレスレットに必要な材料は?

では、まずは下準備ということで必要な材料集めからですが、
あまり書く必要がないぐらい少ないです。

・100均の輪ゴム(全部で約50本ぐらい。2色か3色を交互に編んでいくと綺麗になります)
補足:100均セリアの「からまないゴム」のMサイズかSサイズを使うといいです。

・プラスチックの先が4本のフォーク(基本的に先が4本のフォークなら何でも大丈夫です)

・クリップ、チェーンビーズ(最後に両端を繋げるものです)

たったの2点を用意するだけという簡単さが魅力です!

輪ゴムブレスレットの作り方!

まずは実際にフォークを使って編んでいく動画があるのでご覧ください。

1.最初のゴムのみフォークに八の字で通します。

2.2本目、3本目はそのままフォークに通します。

3.4本目のゴムを通したら1番下のゴムの
右にかかっている部分を外して上の真ん中に落とします。

4.1番下のゴムの左のゴムも外して上の真ん中に落とします。

5.次に5本目のゴムを通した後に、3と4の工程を繰り返します。

6.これを繰り返しながら長くしていくのですが、
その際に絡まらないようにグイッと出来た輪っかを引っ張って、
繋がっていく輪っか同士がくっつかないようにしましょう。

7.腕に通せる長さまで作成。

8.最後は1番下のゴムを外して上の真ん中に落とすのを2回して
フォークにかかっているゴムを1つだけにして両端のゴムをクリップで止めます。

これで完成になりますが、動画などを参考に作ってみてください。

本当はレインボールームという専用の器具を使ってやるのですが、
手軽に簡単に誰でもできるということを重視しました。

この編み方はフィッシュテイルという編み方になるのですが、
専用のルームを使うと色んな編み方ができます。

もし、もっと違うのが作ってみたくなったら、
レインボールームを購入するというのもありですね。
レインボールームの初心者用の作り方と編み方!フォークでも簡単!

あとはファンルームという器具でも
輪ゴムで様々なブレスレットを作成できます。
ファンルームの作り方と編み方!フォークで100均ゴムも簡単!

また他にもオシャレなアイテムを手作りするための
詳細な記事などもあるので、興味があれば合わせてご覧ください。

1.割り箸鉄砲の簡単な作り方!強力な連射式や最強マシンガンも!

2.ビーズブレスレットの作り方
ビーズブレスレットの初心者でも簡単な作り方!

まとめ

ここまで輪ゴムブレスレットの簡単な作り方で
フォークと100均を活用したものをご紹介しました。

材料もほとんど必要ないし、
子供でもできるのでぜひ1度試してみてください。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. reinbo1
  2. siru1
  3. kurisumasu1
  4. kosuta2
  5. bukukaba1
  6. meison1

おすすめカテゴリー記事

  1. kurisya1
  2. sourumeito1
  3. misanga2
  4. fan1
  5. ga-rando2