横浜開港祭の花火2016!日程と時間は?穴場スポット7つを厳選!

yokohamakou2

横浜開港祭といえば地元の人にも愛される、
伝統のあるイベントですよね。

もともとは「開港を祝って、港に感謝しよう」という
テーマで市民祭を1981年に行ったのが最初だそうです。

そう考えると凄いですよね!

そこから今も続いているということは、
地元に愛されたお祭りだったんだろうと思います。

今では規模も大きくなり、県外からも多くの人が訪れていて、
様々なステージやイベントなども数日に渡って行われます。

また最大の目玉としてはやっぱり花火大会です。

しかも、本格的なシーズンに入る1ヶ月ぐらい前に、
先取りで見れるということで、大勢の人が来ます。

さらに宣伝みたいになってしまいますが、
花火自体もみなとみらいの海とのコントラストと
打上数も多く本格的なので凄いです。

そこで今回は横浜開港祭の花火大会の情報や
より満喫するために穴場スポットを7つを
厳選してご紹介します。

Sponsored Links

日程と時間は?

まずは現地に行かないことには始まりません。

そこで日程と時間など情報を記載していきますね。

横浜開港祭の日程は

6月2日(木)

合計で3日に渡って開催されます。

ただこれはあくまでもお祭りの曜日ですね。

花火大会が行われるのは6月2日(火)となっています。

また時間は20時20分~21時00分頃です。

しかも、ここが魅力の1つではあるんですが、
たったの40分の間に打ち上げ数が6000発あります。

この40分という短い間隔で6000発って、
体感すると怒涛の打ち上げで物凄く迫力あります。

長い間隔でのんびり見るのもいいですが、
一瞬の間の迫力を楽しめるのは貴重です。

そこでまずは横浜開港祭の花火の様子
映った動画があるのでご覧ください。

穴場スポット7つを厳選!

横浜開港祭は今や大人気イベントなだけに、
動員数が75万人という人が訪れます。

当然ながらかなり混み合うので、
場所取りなんかも早めに行かないと厳しいです。

ただ、そうなるとみんなみんな早くから
場所取りできるわけじゃないですよね。

そこでこの記事をを読んでくれたあなたには、
せっかくの大迫力の花火を十分に満喫して欲しいので、
とっておきの厳選した7つの穴場スポットをご紹介します。

1.臨港パーク

こちらはみなとみらいの駅から
徒歩でだいたい13分ぐらいの場所になります。

人はそれなりにいるのですが、
見やすさはここがかなり良いですね。

少し早めに現地に向かうといいと思います。

2.ぷかり桟橋付近

こちらもみなとみらい駅から比較的近い場所になります。

だいたい徒歩で11分ほどで着きます。

ここは比較的ギリギリまで空いているので、
他がもう埋まっている場合はこちらに来てみるといいかもです。

3.カップヌードルミュージアムの海側の芝生

わりと定番ではありますがカップヌードルミュージアムの
海側に芝生が広がっているので、そこで見ることができます。

人はそれなりに多いのですが、それなりにスペースもあるので、
早めに場所を取っておけば見やすい場所かなと思います。

みなとみらい駅からだいたい13分で着きます。

4.横浜赤レンガ倉庫

あの有名な赤レンガ倉庫も比較的見やすいスポットですが、
人はそれなりに多めなので早めに行くのがいいですね。

馬車道駅からだいたいですが13分ぐらいで着きます。

5.海の見える丘公園

ちょっと打ち上げ場所からは離れているのですが、
高台にあるので花火は十分見ることができます。

ここなら遅い時間に行っても混雑はそこまでないので、
ゆっくり見ることができるのかなと思います。

元町・中華街駅から徒歩で8分ぐらいとなっています。

6.野毛山公園展望台

ここは会場から少し離れているのですが、
展望台があるので十分に見ることができます。

ちなみにすぐ近くに動物園なんかもあるので、
その後にここに来るということもできます。

日の出町駅からだいたい10分ほどで着きます。

7.大黒ふ頭付近

こちらはちょっとおまけみたいな感じになりますね。

実はここは車で来ないといけません。

また人もほとんどいないので、
ふらっと見たい人はいいかなと思います。

あくまでもおまけということで。

他にも関連記事として以下もあわせてご覧ください。

1.隅田川花火大会2015の日程と穴場スポット7選!場所取り情報も!

まとめ

ここまで横浜開港祭の花火大会を満喫するための情報や
穴場スポットなどをご案内しました。

ぜひ、参考にして頂ければ幸いです。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. cyohu3
  2. koutouhanabi1
  3. adachihanabi1
  4. kanagawahanabi1
  5. kounosu1
  6. katusika1

おすすめカテゴリー記事

  1. kamakurahanabi1
  2. atugi1
  3. kanagawahanabi1
  4. koubenahabi1
  5. sumihana1