河津桜2016年の開花と見頃は?お祭りやライトアップ情報も!

kawadu4

伊豆半島の1番下付近にある河津町に咲いているのが、
河津桜と呼ばれるもので、凄く人気があります。

人気の理由としてはやっぱり
普通のさくらとは違うことにあると思います。

普通は3月中旬以降に開花するのですが、
ここでは2月上旬から咲きます。

まあサクラの種類が他とは違って、
ソメイヨシノと比べると桃色が強いです。

それがまたソメイヨシノとは違った魅力があり、
毎年必ず見に来るという人も多いですね。

実際に見ると濃いピンク色で景色とのコントラストが綺麗なので、
毎年見たいってのはわかる気がします。

また同時にお祭りなども開催されて、
この時期は大勢の観光客で賑わっています。

そこで今回は河津桜を十分に楽しむための
様々な情報をご紹介します。

Sponsored Links

アクセスは?

まずは魅力を宣伝かと思うぐらいに語りましたが、
それを体験するためにも現地に行かないといけません。

まあ事前に最初に調べるのはアクセスかなと思います。

人気のある場所はいろいろな場所から人が来るので、
そもそもどうやって行ったらいいのかわからない人も多いです。

そこで以下に情報を記載していきます。

【電車】

JRの東京駅から伊豆急行の河津駅で
所要時間は約2時間40分ぐらいとなっています。

新幹線やスーパービュー踊り子を活用すれば、
だいたい1時間50分ぐらいで着きます。

【車】

東名沼津ICから国道136号-伊豆中央道(有料)⇒修善寺道路(有料)
⇒国道414号線経由で約60kmほどとなっています。

時間はだいたい約1時間30分となっていますが、
さくらの季節になるとかなり渋滞するので、
あまり参考にならないかもしれません。

伊豆は逃げ道がないので、
1度渋滞すると本当に抜けられません。

余裕を持っていくのをオススメします。

開花と見頃時期は?

kawadu1

それではどんどんいきましょう。

これで場所は地図などもあるので確認してもらって、
次は1番大事と言ってもいい事柄ですね。

それは開花と見頃に関してですね。

さくらの満開を見るためには、
事前に調べるのは必須だったりします。

最低でも7分咲ぐらいから見ないと、
十分に楽しめないと思います。

しかも、散ってしまうのも早いので、
結構ピンポイントで行かないとなんですよね。

まあ近場ならまだいいのですが、
遠出をしてあんまり咲いてなかったり、
散っていたら悲しいですからね。

それではまず1度サクラの様子が動画であるのでご覧ください。

それではさっそく本題に入りますが、
例年の見頃は2月中旬~3月上旬までとなっています。

なかなか満開の時期が予想しにくい種類ですので、
こまめなチェックが必要となりますね。

満開を狙うのは結構大変なので、
7分咲ぐらいを狙うといいかなと思います。

桜まつりとライトアップ情報は?

kawadu3

実はサクラの季節と同時にお祭りも開催されていて、
さらにライトアップも一緒に行われます。

昼も夜も楽しめるということで、
ここも軽く情報をお届します。

今年のお祭りの開催日程は2月10日~3月10日となっています。

そこで行われる主なイベントはB級ご当地グルメ大集合など、
食も楽しめるのでかなり良い感じですよ。

B級ご当地グルメ大集合は
日時:2月13日~15日10:00~15:00

またライトアップも開催期間は毎日行われます。
日時:毎日18:00~21:00となっています。

また関連記事として他の人気のスポットも
記事にしているのであわせてご覧ください。

1.目黒川の桜まつりで花見2016!開花情報とライトアップも!

2.浅草・隅田川の桜で花見2016!開花や見頃は?屋形船情報も!

まとめ

ここまで河津桜を十分に満喫するための情報をお届けしました。

ぜひ、参考にしてもらえたら嬉しいですし、
興味が出たら1度行ってみてください。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. sinsaku1
  2. sumi1
  3. toneri1
  4. riku2
  5. daigo1
  6. hakone1

おすすめカテゴリー記事

  1. riku2
  2. ino8
  3. kawadu4
  4. sumi1
  5. daigo1