市販シャンプーの成分は危険!?おすすめランキングと選び方や解析も!

13

市販のシャンプーはどれも成分的によくないという話は、
それなりにこだわる人からすると聞いたことがあるかなと思います。

「界面活性剤」はあまりよくないとか、
石油が使われているなんて話もあったりしますよね。

ただ、これってなんとなく聞いた情報であって、
本当のところはどうなのかなど気になる部分ですよね。

市販のシャンプーは値段的には安いものが多いけど、
危険なのかもしれないと思いながら使い続けるのも、
ちょっと気分的にも嫌だったりします。

シャンプーは毎日使うものでもあるので、
なるべく安心して使いたいですよね。

また、市販のものだと自分に合うものがないなど、
いろいろと悩みを持っているかなと思います。

そこで今回は市販のシャンプー成分が危険かどうかの解析や
おすすめランキングから選び方までご紹介します。

Sponsored Links

市販のシャンプーの成分は危険かどうかの解析

最近は市販のシャンプーも成分面も安全性に考慮して、
いろいろな商品が出たりしています。

ただ、値段面で安いとどうしても成分などには、
こだわれないものも多いです。

そこで市販のシャンプーの中でも悪いと言われている、
成分について解析などご紹介します。

シリコンは危険な成分なのか?

まず、シャンプーの中で気になる部分の1つとしては、
シリコンが入っているかどうかですね。

最近はノンシリコンであることを魅力の1つとして、
販売している商品も増えてきました。

ただ、このシリコン自体は悪いものではありません。

実はシリコンには髪のツヤを保護してサラサラにする特徴があります。

ただし、洗浄力が強いものでもあるので、
頭皮の皮脂も取り過ぎてしまう可能性もあり、
その影響で炎症や脱毛を起こす場合があります。

では、ノンシリコンシャンプーなら安全なのかというと、
実はそういうわけでもありません。

ノンシリコンシャンプーとかで安いものは、
危険な成分が入っている商品なんかも多いです。

だから、シャンプーを買う基準として、
ノンシリコンだけを基準にするのは止めたほうがいいですね。

また、シリコンよりももっと注意しなければいけないものがあり、
それが合成界面活性剤というものです。

合成界面活性剤は危険な成分が!?

nodohotoke3

市販のシャンプーなどには合成界面活性剤と言われるものが、
よく使われていることがあります。

この合成界面活性剤とは人工的に合成された界面活性剤で、
油分と水分を混ぜ合わせるために使うものです。

シャンプーにはこの界面活性剤は必要不可欠なものですが、
その中でも高級アルコール系界面活性剤と呼ばれるものは、
注意しなければいけない成分があります。

その高級アルコール系界面活性剤の危険な成分として、
主なものは以下になります。

・ラウリル硫酸Na
・ラウレス硫酸Na
・エデト酸塩

この中でも「ラウリル硫酸Na」は皮膚への刺激が強いという、
データが報告されているものになります。

そのため「ラウリル硫酸Na」は皮膚のかゆみや抜け毛の
要因になる可能性がありますね。

ただ、最近は「ラウリル硫酸Na」はほぼ使われていなくて、
「ラウレス硫酸Na」というものが使われている場合が多いです。

この「ラウレス硫酸Na」は「ラウリル硫酸Na」よりも、
安全性を考慮した成分になります。

しかし、この成分に関しても完全に安全というわけではなく、
「ラウリル硫酸Na」よりも多少考慮されている程度のものです。

ラウリル硫酸Naのほうが多少安全性を上げているものではありますが、
体に良い成分というわけではないので危険であることには変わりません。

また、合成界面活性剤にはエデト酸塩という成分も注意が必要で、
主な役割としては品質を安定させ、変色や酸化を防ぐ働きをします。

ただ、このエデト酸塩は皮膚への刺激や発疹など、
悪影響があると言われています。

このように市販のシャンプーに関しては、
危険な成分があるものが多いわけです。

おすすめのシャンプーランキングと選び方!

市販のシャンプーの危険については説明したので、
値段は多少高くても良いものを使いたいという人もいますよね。

ただ、本当に様々な商品が販売されているので、
どれを選んでいいのかわからない人も多いかなと思います。

そこでおすすめなのがアミノ酸系シャンプーです。

市販のシャンプーは洗浄力の強く肌への刺激が強いものもあるので、
なるべく低刺激で髪に良い商品を選んだほうがいいです。

それがアミノ酸系のシャンプーなのですが、
これも市販の安いものから通販限定の高いものまであります。

そこで個人的におすすめの商品をランキング形式でご紹介します。

1.Herb Garden(ハーブガーデン)

ハーブガーデンは天然成分100%の
ノンシリコンアミノ酸系シャンプーです。

現状ではこのシャンプーが成分や使用感から、
値段などすべてを総合して1番だと思います。

1.7種類のハーブ水仕様

まず、シャンプーのベースとなる精製水を
阿蘇産無農薬ハーブを抽出した水を使用しています。

このハーブウ水を使用することによって、
頭皮を健やかに保ちます。

2.髪と同じアミノ酸系の洗浄剤を使用

ハーブガーデンは体と同じ成分の洗浄剤を使っているので、
地肌の頭皮と髪にダメージを与えずに洗うことができます。

また、ノンシリコンのオーガニックシャンプーなのに、
泡立ちやしっとり感もあって使用感も抜群です。

3.洗浄・保湿・スカルプケア・補修に特化した天然成分

ハーブガーデンではヒアルロン酸、ユズセラミド、フルボ酸など、
髪の潤いに欠かせない成分が豊富に配合されていて、
しっとりと潤いのある髪に導きます。

他にも防腐剤なども使っていないので、
総合的な面を見て1番のおすすめのシャンプーです。

そのハーブガーデンを今なら「ずっと半額」でご購入いただける
「特別半額モニター」キャンペーンを実施中です。

>>ハーブガーデンの詳細はこちらから!

2.haru黒髪スカルプ・プロ

haru黒髪スカルププロは100%天然由来成分の
ノンシリコンアミノ酸系シャンプーになります。

このシャンプーの特徴としてはリンスが要らない
オールインワンシャンプーです。

リンスが要らないので手間がかからないのと、
価格をかなり抑えることができます。

また、「抜け毛」「白髪」「育毛発毛」などにも特化していて、
独自の発毛育毛促進成分を配合しています。

100%天然由来成分で抜け毛、白髪も気になる場合は
「haru黒髪スカルププロ」はおすすめですね。

また、今なら安心30日間全額保証キャンペーン実施中で、
定期コースなら20%OFFで購入することができます。

>>haru黒髪スカルプ・プロの詳細はこちらから!

3.Raburo

Raburoは100%天然成分配合の
ノンシリコンアミノ酸系シャンプーです。

肌に刺激を与えるものは一切使用していないので、
頭皮だけでなく、全身も洗えるシャンプーとなっています。

1.界面活性剤を100%不使用
2.肌と同じ成分を配合
3.肌に優しい水を採用
4.希少価値の高いエルゴチオネイン配合

他にも防腐剤や合成香料なども使用していないので、
肌と髪に優しいシャンプーです。

今なら先着100名様限定で53%OFFで購入できます。
>>【Raburoシャンプー】の詳細はこちらから!

まとめ

ここまで市販シャンプーの成分や危険かどうかなどの解析から
おすすめランキングから選び方までご紹介しました。

市販のシャンプーを使っても
全然問題という人もいると思います。

ただ、シャンプーは毎日使う人が多いと思いますし、
現状で問題なくても後から影響が出ることもあります。

ぜひ、今回の話とかを参考にして頂けたら幸いです。

Sponsored Links

関連記事

  1. nayami2
  2. 7
  3. chipi1
  4. kakiage1
  5. mizubukure1
  6. piasu1png

おすすめカテゴリー記事

  1. 075588
  2. wakibara1
  3. kansaibou1
  4. mituami1
  5. nimai1