ハウステンボス花火大会2015の日程は?無料の穴場や観覧席情報も!

hausutenbosu1

ハウステンボスの開催される九州一花火大会は
名前の通り九州で1番打ち上げ数が多い大会になります。

なんと打ち上げ数は21000発も上がるので、
見応えとしてはかなりのものがありますね。

花火大会は関東や関西の大会が主流ではあるので、
九州地方での大規模な大会なので魅力がありますね。

まだ大会自体も3回目ということで、
一気に注目度が高くなっています。

大会では世界一の花火師を決めるものや、
妖怪ウォッチ花火などもあるそうなので、
かなり力が入っていますよね。

まだ知らない人も多いかもしれませんが、
これだけ力を入れているとなると、
今後人気がもっと増すかもしれません。

そうなると大混雑する可能性もありますし、
今のうちに1回は見ておきたいですね。

そこで今回はハウステンボス九州一花火大会の2015年の
日程や穴場スポットから特別観覧席・渋滞・混雑状況など
総合的に情報をご紹介します。

Sponsored Links

ハウステンボス九州一花火大会の2015年の日程と時間は?

まず事前の下調べとして日程と時間はチェックしておきたいですよね。

また他にも現地の最寄り駅と地図も合わせて、
パッと見てすぐにわかりやすいように記載していきます。

【開催日程】

2015年9月26日(土曜日)

【開催時間】

18時45分~21時15分(予定)

【場所】

ハウステンボスハーバーゾーン

JR大村線のハウステンボス駅から徒歩ですぐの場所です。

【打ち上げ数】

約21000発

それではここで九州一花火大会のダイジェストの
動画があるのでご覧ください。

また大会の迫力のあるフィナーレなど魅力的な
映像の動画もあるのでご覧ください。

ハウステンボス花火大会の会場・特別閲覧席や入場券情報は?

まずハウステンボスの花火を見るためには
基本的には入場券や特別閲覧席のチケットが必要です。

ロッテルダム特設会場(A3・B3・C3エリア)のみ、
入場券は必要ないですが、他の閲覧席は別途で入場券も必要です。

入場券にも大会日限定の1日券と16時以降に入場できるもの
もあるので用途によって購入することができます。

また会場はいくつかに分かれています。

【ロッテルダム特設会場】

ここは全長1km大スターマイン
水中大球花火などが楽しめる会場になります。

【ウォーターマークホテル前会場】

ここは世界花火師競技大会のメイン会場であり、
それを近くで見たい人はいい会場ですね。

この2つがメインではありますが、
他にも多くの会場があります。

>>入場券や特別閲覧席の詳細はこちらから確認できます!

ハウステンボスの花火大会の無料で楽しめる穴場スポットは?

まず基本的には有料の席を購入しなくても、
入場券さえあればハーバータウン周辺からどこでも見れます。

ただし、良い場所は場所取りが必要になります。

だいたい16時ぐらいから良い場所が埋まっていくので、
2時間ぐらい前から場所取りするのがいいです。

まあただ良い場所とかでなければ、
普通に見ることはできます。

【無料の穴場スポットは?】

ハウステンボスの花火大会はどちらにしても
お金がかかるのですが、無料で見れる場所もあります。

そこは早岐駅から徒歩10分のところにある尾崎公園です。

ちょっと離れているのですべてを見るのは難しいですが、
高く打ち上げられるのもは見れるそうです。

まとめ

ここまでハウステンボスの九州一花火大会の2015年の日程や
入場券や観覧席情報から無料の穴場スポットまでご紹介しました。

ぜひ、参考になれば幸いです。

Sponsored Links

関連記事

  1. yokohamakou2
  2. hunabasi1
  3. itabasi1
  4. kosigaya1
  5. koubenahabi1
  6. katusika1

おすすめカテゴリー記事

  1. kounosu1
  2. tamagawa1
  3. kanagawahanabi1
  4. ageo1
  5. urayasu1