船橋港親水公園花火大会2018の日程と穴場3選!場所取りや屋台情報

hunabasi1

船橋港親水公園花火大会は地元で人気のイベントであり、
地元の人が中心ではありますが、大勢の方が見に来ますね。

船橋港親水公園花火大会の魅力は毎年テーマが変わることです。

去年はオーケストラがテーマで音楽と花火の
コラボレーションは迫力もあって見応えがありました。

今年も音楽と花火のコラボレーションで、
どんなものが見れるのか楽しみですね。

ただ、会場はそこまで広くないので、
周辺はかなり混み合いますね。

有料席もありますが、数がそこまで多くないので、
場所取りをしようとなると、かなり早めに取らないといけません。

そこで今回は船橋港親水公園花火大会の2018年の日程や時間と
厳選した穴場4つをご紹介します。

また有料席や場所取りに関することや、
屋台情報など総合的にお届けします。

Sponsored Links

船橋港親水公園花火大会の2018年の日程と時間は?

まず花火大会に行く前の準備として日程と時間は
事前に調べておきたい項目ですよね。

また他にも現地の最寄り駅と地図も合わせて、
わかりやすいように記載していきます。

【開催日程】

2018年8月1日(見込み)

【開催時間】

19時30分~20時30分(見込み)

【場所】

船橋漁港内

【交通】

京成電鉄大神宮下駅、またはJR南船橋駅から
だいたい徒歩15分ぐらいとなります。

JR船橋駅南口から徒歩25分となります。

【打ち上げ数】

約8500発

それではここで船橋港親水公園花火大会の
総集編の動画があるのでご覧ください。

また大会の見どころの1つでもあるフィナーレの
映像の動画もあるのでご覧ください。

有料席情報は?

船橋港親水公園花火大会は例年有料席の販売を行っています。

例年は親水公園側と漁港側の2カ所有料席があります。

今年はまだ詳細などは決まっていませんが、
参考として去年の情報を記載します。

【親水公園側・漁港側側】

・親水公園会場席:1500円
(販売数320席:当日200席 前売り120席)

・漁港会場席:1000円
(販売数600席:当日200席 前売り400席)

【購入場所】

購入場所は例年通りならチケットぴあとなります。

去年は7月1日から販売となっていたので、
同じような期日に販売となるのかなと思います。

屋台情報は?

cyouhu1

船橋港親水公園花火大会は人が大勢来るイベントですが、
実は屋台も多く出店されて人気があります。

もともと、ふなばし市民祭りも開催されていて、
その締めに花火大会が開催されます。

船橋市民祭りでも屋台は多く出店されますが、
花火大会では出店場所が変わってきます。

船橋港親水公園花火大会の屋台の場所は以下です。

・船橋漁港
・ららぽーとTOKYO-BAY

特にららぽーとTOKYO-BAYは夜市として、
多数の屋台が出店しています。

営業時間は夕方付近~20:30くらいまでになります。

屋台は花火の上がる時間になると混み合ってくるので、
いろいろと巡ってみるなら早めに行くのがいいですね。

ららぽーと側の屋台は店舗がその時に特別に
屋台として出店していたりもするので、
美味しいグルメもあったりします。

場所取りにも最適な穴場スポット3選!

船橋港親水公園花火大会は有料席が
公園側と漁港側に分かれています。

ただ、それ以外の場所で見るとなると、
漁港側は実は建物など遮るものが多いので、
綺麗に見やすいスポット少ないです。

そこで綺麗に見える穴場スポット3つをご紹介します。

1.船橋親水公園の敷地内

まず穴場で1番良く見える場所は親水公園の敷地内で、
場所取りには最適なスポットですね。

ただし、人は多いスポットなので本来は穴場とは言えませんが、
ここは午前中は場所取り禁止になっています。

正午から場所取りを開始するので、
朝早くから行かなくても大丈夫です。

もちろん、正午から場所取りしないと、
どんどん空いているスペースは埋まりますが、
それでも朝早くからとかではないですからね。

最寄り駅は大神宮下駅から徒歩で10分ぐらいです。

2.IKEATokyo-Bay(旧IKEA船橋)屋上駐車場

IKEATokyo-Bayでは例年通りなら屋上の駐車場が
花火当日は無料で開放されます。

屋上からなので花火が綺麗に見えます。

ただ、看板などもあるので場所によっては
見えにくところもあるそうです。

毎回確実に開放されるかはわかりませんので、
日付が近くなったら1度確認されてから、
行くのをオススメします。

南船橋駅から徒歩で6分ぐらいです。

3.ららぽーとTOKYOBAY

ららぽーとTOKYOBAYも例年通りなら
午後4時から一般の観覧エリアとして開放されます。

屋上からなので花火が綺麗に見えます。

場所取りのスペースは限られているので、
早めに取っておいたほうがいいかなと思います。

毎回確実に開放されるかはわかりませんので、
日付が近くなったら1度確認されてから、
行くのをオススメします。

最寄り駅は南船橋駅から徒歩で12分ぐらいです。

まとめ

ここまで船橋港親水公園花火大会の2018年の日程や時間から
穴場情報や有料席・屋台に関してなど総合的にご紹介しました。

ぜひ、参考にして頂けたら幸いです。

Sponsored Links

関連記事

  1. sumihana1
  2. pl1
  3. cyohu3
  4. hukusima1
  5. todabasi1
  6. biwa2

おすすめカテゴリー記事

  1. urayasu1
  2. yokohama1
  3. kounosu1
  4. todabasi1
  5. kamakurahanabi1