チョッピーバングの切り方と作り方!セルフカットで失敗しない方法!

cyopi1

チョッピーバングといえば最近になって流行りそうな前髪です。

2016年の10月頃に誕生してから人気になり、
2017年はシースルーバング次に流行るのは
チョッピーバングと言われています。

まあ、シースルーバングほど流行るかどうかは微妙ですが、
いちおうシースルーバングの進化版でもあります。

2016年はセンターパートがトレンドでしたが、
前髪は毎年何かしらブームになるので、
その候補の1つにはなりそうですね。

チョッピーバングは簡単に言ってしまえば、
シースルーバングをちょっと短くしたものですね。

キュートな見た目が可愛らしくて、
短い髪でも似合うのが良い部分ですね。

そこで今回はチョッピーバングの切り方と作り方から、
セルフカットで失敗しない方法などをご紹介します。

Sponsored Links

チョッピーバングの髪型と必要なもの!

まず、チョッピーバングとはいったいどんな髪型なのか。

新しい前髪のアレンジなのかなと思うかもしれませんが、
実は既存のものにちょっとアレンジが加わっただけです。

イメージとしてはシースルーバングと、
眉上バングの複合みたいな感じですね。

短めの前髪にすると幼い感じに見えますが、
すき間を入れていくことで、大人っぽい感じも出てきて、
両方の良さみたいなものが引き出されます。

ちなみにチョッピーバングは、
セルフカットでも作ることができます。

前髪なのでわざわざ美容院に行くのも面倒なので、
自分で切ってできたら便利ですからね。

セルフでカットする場合は基本的には
ハサミとクシとヘアピンがあれば大丈夫です。

ただし、ハサミに関しては安いものではなく、
ちゃんと髪専用のハサミを使うようにしましょう。

しっかりと切れないこともあり、
失敗する要因になります。

チョッピーバングの作り方!

チョッピーバングはシースルーバングと
眉上バングの混ぜた感じ髪型になります。

チョッピーとは不揃いなという意味があり、
切り方もハサミを縦に入れて切っていきます。

同じバングでも人によって微妙にアレンジで変わることもありますが、
基本的には以下でやり方が動画であるのでご覧ください。

まずは眉上バングのやり方を先にご覧ください。

眉上バングは一時期流行った髪型でもありますが、
ちょっと前髪が揃っているので幼さも残るし、
見た目的にも少し重い感じになります。

そこで、眉上バングにすき間を入れて、
抜け感を出していけば完成になります。

チョッピーバングの具体的な切り方!

では、ここからは実際のやり方に関してになりますが、
画像と文字では分かりにくいので、以下の動画のほうをご覧ください。

1.まず、前髪の上の部分を分けてから、
ヘアピンなどでとめていきます。

2.次に2つに分けた髪の前のほうから、
ハサミを上から斜め下に向けて切っていきます。

だいたい、5mm~2cmぐらいを斜めに切っていくと、
少しづつすき間が出てきます。

3.これを位置を変えて繰り返していきます。

ポイントとしては一気に切っていくのではなく、
ゆっくりバランスを見ながらやるといいです。

4.そこで、ある程度すき間が出てきたら、
さらに髪の上のほうから下に斜めに切っていきます。

これをすることで、さらに大きめなすき間が出てきます。

5.次にピンで留めていた前髪を下してから、
スキバサミで軽くしていきます。

6.最後に馴染ませてバランスを調整して、
スタイリング剤で整えれば完成です。

詳しくは動画のほうを見ればわかりやすいです。

セルフカットで失敗しないための方法は
とにかく一気にザクっと切らないことです。

一気に髪を切り過ぎてしまうと、
取り返しがつかなくなりますからね。

また、100均のハサミとかは上手く切れないので、
ちゃんとした髪専用のものが良いです。

ちゃんと切れるハサミでゆっくりバランスを見ながら、
調節していくと失敗することが減りますよ。

まとめ

今回はチョッピーバングの切り方と作り方から、
セルフカットでも失敗しない方法についてご紹介しました。

短い髪でも似合う髪型はやっぱり貴重なので、
ぜひ、参考にして頂けたら幸いです。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. chipi1
  2. onaka1
  3. 76
  4. miraneiru1
  5. moucyou1
  6. hihu2

おすすめカテゴリー記事

  1. moucyou1
  2. ringo
  3. 138
  4. kakiage1
  5. chi-ku1