富士芝桜まつり2017の見頃時期と開花状況!渋滞や駐車場情報も!

siba1

芝桜というのは4月~5月頃に咲く多年草のことですね。

ここでわかることは芝桜は桜ではなく
多年草ということですね。

なんか河津桜のように桜の仲間かと思っていたんですが、
咲いた姿が似ているということで芝桜と呼ばれているそうです。

でも、見た目は本当に綺麗で見応えがあるのですが、
これが敷地一面に広がっている場所があります。

それが富士山のふもとの本栖湖の近くにあり、
そこで芝桜が綺麗に咲く季節にお祭りというか、
イベントを開催しています。

それが「富士芝桜まつり」であり、
かなり人気のあるイベントになりますね。

そこで今回は富士芝桜まつりの2017年の
見頃時期と開花状況などをご紹介します。

また人気のあるイベントということもあり、
渋滞・混雑情報から駐車場のことなど総合的にお届けします。

Sponsored Links

富士芝桜まつりの2017年の見頃時期と開花状況は?

まずは富士芝桜まつりの2017年度の
見頃時期や開花状況についてですね。

やっぱり、せっかく見に行くのだから、
芝桜が綺麗に咲いてるところを見たいですよね。

芝桜の見頃時期:4月下旬~5月下旬

芝桜まつり開催期間:2016年4月16日~5月29日

開催時間:08:00~17:00

富士芝桜の開花状況に関しては以下のサイトで随時更新されていきます。
>>富士芝桜の開花状況はコチラから!

また富士芝桜の様子が映った動画があるのでご覧ください。

富士芝桜まつりのアクセスや駐車場情報は?

では、ここで実際に富士芝桜まつりのアクセスや
駐車場に関しての情報ですね。

いざ、現地に向かう際にこの辺は
知っておきたいところですからね。

【電車の場合】

まずは1番利用する人が多いであろう、
電車を利用した場合のものですね。

富士急行線『河口湖駅』下車後、
専用シャトルバスに乗車して約30分となっています。

ただし、専用シャトルバスですが有料となりますね。

【車の場合】

現地は交通の便が良いというわけではないので、
車で行く人も多いかなと思います。

東名高速道路『富士IC』下車後、
国道139号を経由して約50分ぐらいとなります。

新東名高速道路『新富士IC』下車後、
国道139号を経由して約50分となります。

【駐車場】

車で行く場合は行き方も気にはなりますが、
そうなると駐車場はあるのかどうかなども
やっぱり知っておきたいところですよね。

会場には1000台収容可能な有料駐車場あります。

料金は普通車の場合1日500円となっていて、
安い料金で1日いられますね。

【アクセス】

住所:山梨県南都留郡富士河口湖町本栖212

富士芝桜まつりの魅力や見どころをご紹介!

富士芝桜まつりは様々な見どころがあります。

もちろんメインは芝桜ではあります、
それと同時にイベントも開催されています。

ちなみに会場マップは以下になります。
>>富士芝桜まつりの会場マップはこちら!

それが富士山うまいものフェスタですね。

1.富士芝桜まつり

※2016年度の情報になります。

会場には11店舗・約50種類の富士山周辺の
グルメが大集合していますね。

ここではB級グルメで有名な「富士宮焼きそば」や
山梨名物の「甲州とりもつ煮」などを販売していますね。

B級グルメって値段も安くて味も美味しいですよね。

しかも、こういったところで食べるB級グルメは
余計に美味しく感じそうですね。

ただ、今年はどんなグルメが食べれるのかは
まだ発表されていないので、
どんなB級グルメが販売されるのか楽しみですね。

期間:期間中は毎日開催

場所:富士芝桜まつりメイン会場東側にあります。

2.展望足湯

ここは富士山の雄大な景色と芝桜を眺めながら、
足湯を楽しむことができる場所があります。

ちょっと歩き疲れた後に利用すると、
疲れも癒されて景色も堪能できますね。

期間:期間中は毎日営業 しています。

利用料:100円

備考:タオル別売り(100円)

3.展望カフェ

ここは周辺の景色を一望できる展望カフェとなります。

名前は「桜カフェ FUJIYAMA SWEETS」となっていて、
本格のスイーツを食べることができます。

景色を眺めながらお茶やスイーツを味わえるので、
疲れた際の休憩所にはもってこいですね。

期間:期間中は毎日営業しています。

4.展望広場

ここは地上3.8mの高さから会場内を
一望できる展望広場になっています。

ここからは芝桜を一望できますし、
他にも富士山や景色を堪能することができます。

ここの景色のコントラストは本当に素晴らしいので、
ぜひとも行っておきたいスポットですね。

混雑・状態情報は?

まず富士芝桜まつりの最盛期には非常に混雑します。

敷地内は広いので入ってしまえば混雑は大丈夫ですが、
そこに行くまでの道がかなり渋滞します。

車で行く際は会場に行くまでに通るであろう
国道139号線は特に渋滞する傾向にあります。

これを回避するためには国道139号線の途中で、
県道71号線に道が分かれる場所があります。

距離的には長くなる迂回ルートですが、
混雑しているときはこっちのほうが
空いていることが多いです。

ちなみに以下が迂回ルートになります。

あとは開場が朝の8時からになるので、
早めに現地に着いて時間を潰すとこかですね。

まあ、なかなかそこまで早くに行くのも大変なので、
ある程度の渋滞は我慢するしかないかもしれません。

また迂回ルートはぜひ活用してみてください。

まとめ

ここまで富士芝桜まつり2017年度の見頃時期や開花状況から、
混雑・渋滞情報から駐車場に関することまで総合的にご紹介しました。

ぜひ、参考にして頂けたら幸いです。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. syouwa1
  2. syousenkyou1
  3. ajisai1
  4. azabu1
  5. siohigari
  6. manpaku1

おすすめカテゴリー記事

  1. ajisai1
  2. rikugienkouyou1
  3. syousenkyou1
  4. koube1
  5. chibaichigo2