PL花火大会2017の日程と穴場スポット7選!場所取りや最寄り駅も!

pl1

PL花火大会とは教祖祭PL花火芸術の通称になります。

この名前を聞いてどんな花火大会なのかとか、
知らない人も結構いるかもしれませんね。

特に関東圏の人だと知らない人が多いみたいですね。

この教祖祭PL花火芸術は宗教の行事として行われているので、
実際は花火大会ではないということですね。

特に宣伝などもないということで、
知っている人だけが行くという感じですね。

教団に入っている人でなくても、
有料観覧席などは設けられていたりしたのですが、
今年は設置されないという話です。

また周辺からでも見ることができ、
穴場スポットも多く存在しています。

規模も大きいものであるので、
見応えもかなりあると思います。

そこで今回はPL花火大会の2017年の日程や
穴場スポット7選から場所取りから最寄り駅まで
総合的にご紹介します。

Sponsored Links

教祖祭PL花火芸術大会の2017年の日程と時間は?

まずは事前の下調べとして日程や時間は欠かせないですね。

他にも現地の最寄り駅と地図も合わせて、
パッと見てすぐにわかりやすいように記載していきます。

【開催日程】

2017年8月1日(見込み)

【開催時間】

20時00分頃~20時40分(見込み)

【場所】

ローンパーク公園(光丘カントリー倶楽部駐車場)

最寄り駅は富田林駅から徒歩で行くか
教団本部行きのバスが出ています。

徒歩だと30分ぐらいとなっています。

【打ち上げ数】

約25000発(予定)

それではここで1度昨年の教祖祭PL花火芸術大会の
様子が映った動画があるのでご覧ください。

【会場情報】

ローンパーク公園では、
当日に入口でビニールを配布しています。

座る場所は自由となっており、
トイレは簡易トイレを設置してあります。

また入場時間は13時より入場開始予定となっています。

では、ここでフィーナーレまでの特別閲覧席から撮影された
ダイジェスト版の動画があるので、これを見ればだいたいの感じがわかるかなと思います。

厳選した場所取りにも最適な穴場スポット7つ!

1.光丘カントリー倶楽部の外周道路

ここは1番花火に近いスポットであり人気のある場所ですね。

花火大会の会場外の外周からは花火が良く見えるので、
オススメではあるのですが、普通に混み合います。

場所取りも昼過ぎ頃から埋まっていくので、
早めに行ったほうがいい場所です。

2.明治池公園

ここは打ち上げ場所からは少し離れていますが
混雑はあまりしていないのでおすすめです。

また公園ということもあり、
場所取りできる場所も結構あるので、
ゆったりと見ることができます。

川西駅から徒歩でだいたい15分ほどとなっています。

3.烏帽子形公園

こちらも周りに視界を遮るものなどもないので、
少し離れていますが、見やすい穴場スポットです。

ここも公園ということもあり場所取りに良い場所で、
十分に花火を満喫できるかなと思います。

河内長野駅から徒歩でだいたい18分ぐらいです。

4.狭山ゴルフセンターの駐車場

ここは駐車場ということで有料にはなりますが、
高台になっているので、花火が良く見える穴場です。

ただちょっと距離があるので、
迫力にはちょっと欠けるかな。

5.長野公園の展望台

この公園には展望台があるため距離はありますが、
視界を遮るものなどがないので花火が良く見えます。

もちろん混雑もあまりしていないのでオススメですね。

6.狭山池公園

こちらは会場から多少離れているぐらいなので、
花火は十分に見ることができます。

また混雑もあまりしないので場所取りにも最適です。

みんなでゆったり見たいときにいいですね。

7.ワールド牧場

ここはとにかく広々とした場所で混雑とかまったくしない場所で
花火が見たい場合にオススメな穴場スポットです。

ただ花火大会当日の入場料が大人1000円、
小人500円、駐車料金1000円です。

また関連記事として以下も良ければご覧ください。

1.隅田川花火大会2017の日程と穴場スポット7選!場所取り情報も!

2.足立の花火2017の日程は?穴場スポットと場所取り3つを厳選!

3.葛飾納涼花火大会2017の日程と穴場スポット5選!場所取りや最寄り駅も!

まとめ

ここまでPL花火大会2017年度の日程や穴場スポットから
場所取りや最寄り駅など総合的にご紹介しました。

ぜひ、参考にして頂けたらと思います。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. koutouhanabi1
  2. biwa2
  3. ageo1
  4. kumagaya1
  5. tamagawa1
  6. oohorihanabi1

おすすめカテゴリー記事

  1. hausutenbosu1
  2. hunabasi1
  3. koutouhanabi1
  4. yokohama1
  5. pl1