手作りピアスの作り方!プラバンとレジンで簡単作成!

piasute1

ピアスといえば今や女性にとって必需品の1つになりましたね。

大きく目立つものから、小さめの控えめだけどキラリと光るオシャレなものまで、
シチューエーション、衣装などに合わせて変えていく人も多いと思います。

その度にお店から購入するのも費用がかさみますよね。

そこで、もし手作りのピアスを自分で作れるとしたらどうですか?

「そりゃ作れれば楽しそうだけど、難しそうだし無理じゃない?」

とか、単純に面倒だと思う人も多いかもしれませんが、
実はプラバンやレジンを活用すれば簡単作ることができます。

そこで今回は手作りピアスで
人気のあるものの作り方についてご紹介します。

Sponsored Links

コットンパールの作り方

まずは実際にコットンパールピアスの作り方の動画があるのでご覧ください。

では、コットンパールを手作りする際の材料です。

・コットンパール(片穴)2個

・ピアス ポスト 1セット

・ボンド(強力接着剤)

所要時間は3分ぐらいあればできてしまいます。

材料さえ揃えればあとはくっつけるだけですからね。

ただコットンパールの穴が小さいとすぐ外れてしまう場合があるので、
少し針などで穴を広げた後にボンドでくっつけると外れにくいです。

ちなみに材料を揃えるのにおすすめなのが貴和製作所です。

強力接着剤は手芸屋さんで購入できます。

プラバンとレジンを活用した簡単なピアスの作り方

コットンパールは手作りというより、
ただ接着剤で付けただけですからね。

最初は作ることから始めるということで紹介しました。

ここからは実際に作っていく方法を紹介します。

まずは実際にプラバンとレジンを活用した動画があるのでご覧ください。

では、まずは必要な材料からです。

・プラバン

・アルミホイル

・ハサミ

・クッキングシート

・厚めの本(焼き上がり後にギュッと挟めるもの)

・小さめの穴あけパンチ

・レジン液

・濃い目の水性ペン

・紙やすり

・ピアス丸皿 1セット

ちょっと材料は多いのですが、
どれも安く購入できます。

まず1番大事な原型となるプラバンですが、
100均のダイソーのものがオススメです。

透明プラバンのB4かB5ぐらいがちょうどいいかと思います。

準備が整ったらさっそく作成していきましょう!

1.プラバンに水性ペンでデザインを書いていきます

2.ハサミで書いたデザインにそって切っていきます。

3.切ったプラバンに色をつけるために、表面を紙やすりで削ります。
(紙やすりで削らないと色をつけることができません)

4.着色したプラバンをオーブンで焼いていきます。
(その際にアルミホイルをぐちゃぐちゃにして下にしきます)

5.オーブンで焼くと一気に縮むので、それが収まったら取り出して、
厚い本の間にクッキングシートを挟んで、そこにプラバンを乗せて、
グッと体重をかけて押し込みます。

6.最後に出来たものにレジン液を塗っていけば完成です。

また他にもレジンだけを活用しても作れます。

実際にレジンで作った動画があるのでご覧ください。

また他にもプラバンとレジンを使ったピアスの手作りの仕方の
詳細な記事や関連したものなどあるので、あわせてご覧ください。

1.プラバンとレジンアクセサリーの簡単な作り方!

2.ビジューピアスの作り方!コットンパールで簡単作成!

まとめ

こうやって見ると工夫次第
いろんな種類のものが無限に作れそうですね。

また材料も100均などを活用していけば、
かなり低コストでもできるのでいいですね。

お店で完成されたものを購入するのもいいですが、
1つでも手作りで愛着のあるものを持つのもいいのかなと。

ぜひ1度チャレンジしてみてください!

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. kutu1
  2. bareta2
  3. sisuru1
  4. sukato1
  5. asa2
  6. kurisya1

おすすめカテゴリー記事

  1. fasunap1
  2. wagomu1
  3. bujyu2
  4. tuin2
  5. dori1