七夕飾りの折り紙での作り方!おしゃれで立体を簡単に手作りする方法

tanabata1

七夕といえば夏の風物詩として、
日本では誰でも知っている行事ですよね。

七夕の起源は中国にあると言われていますが、
日本では独自の風習に進化しています。

よく、小学校とかの行事とかで飾りを作って、
笹の葉に付けたりなどもしましたよね。

また、七夕の日にはお祭りなども様々な場所開催されて、
昔から盛り上がるイベントでもあります。

特に短冊に願い事を書いてから、
笹の葉に吊るすのは日本特有なものであり、
独自に進化した風習でもあります。

笹の葉には短冊以外にも様々な飾りを付けたりするので、
それを折り紙などで手作りする人も多いです。

そこで今回は七夕飾りを折り紙での作り方だったり、
おしゃれで立体的なものなどを簡単に手作りする方法などをご紹介します。

Sponsored Links

織姫・彦星の作り方!

まずはメインである織姫と彦星を折り紙の作り方ですね。

七夕飾りとしては織姫と彦星はないと物足りないので、
ここは外せないところだと思います。

また、様々な七夕飾りには様々なものがありますが、
それぞれに願いや意味合いがあります。

織姫・彦星もいつまでも仲良くいられますようにとか、
永遠の愛という意味合い込められています。

飾りとかとは違って折り紙で作るのは難しそうに思えますが、
実はそこまで難しいわけではありません。

また、必要な材料に関しても以下ぐらいです。

・和柄の折り紙(彦星・織姫)
・金色や銀色の紙
・両面テープ
・のり
・たこ糸

ちょっとした工作みたいな感じで作れるのですが、
画像とかだとやっぱりわかりづらいです。

そこで実際の作り方に関しては以下の動画にあるのでご覧ください。

天の川

天の川も飾りとしては重要ですよね。

また、別名で網飾りとも呼ばれていて、
豊漁の願いが込められてもいます。

織姫と彦星と一緒に天の川も必須ですからね。

しかも、折り紙で作ることはかなり簡単な部類なので、
あっという間に出来てしまいます。

普通に紙にハサミを入れてアミアミにするだけで、
完成するので飾りにも適しています。

それでは実際に動画が以下にあるので参考にしてみてください。

ちょうちん

天の川に続き、ちょうちんもアクセントになるので、
七夕飾りにはあるといいかなと思います。

ちなみに、ちょうちんには明かり灯して、
心も明るく照らしてくれますようにという意味合いがあります。

天の川のようにハサミを入れていった後に、
ノリで端を止めて細工するだけです。

ちょうちんもかなり簡単な部類なので、
子供と一緒に作るのもいいですね。

ちょうちんの作成方法に関しては以下の動画をご覧ください。

星つづり

星つづりとは星の形をした折り紙を
何個か作成して繋げたものになります。

ちなみに星つづりは願いが空の星まで届いて、
願いが叶いますようにという意味合いがあるそうです。

織姫と彦星の上のほうに輝く星を演出するために、
星を繋げて飾ると良い感じになります。

星を折り紙で作ることはそこまで難しくないので、
あとはそれを紐で繋げれば完成です。

これも画像よりも動画のほうが断然わかりやすいので、
以下に作成しているものがあるのでご覧ください。

吹き流し

吹き流しも飾りのアクセントとしては良いですね。

吹き流しは織姫の織った糸を模していて、
長寿を願うという意味合いがあるそうです。

他のものを組み合わせたりもできるので、
使い勝手がいいかなと思います。

また、作成に関しても折り紙で簡単に出来るので、
以下の動画のほうで詳しくあるのでご覧ください。

貝飾り

貝飾りは七夕飾りでは少しマイナーかもしれませんが、
見た目的にも可愛くてアクセントになります。

また、貝飾りの意味合いとしては海の恵みを得られるようになど、
豊漁の願いが込められてるそうです。

そのやり方に関しては以下の動画のほうにあるので参考にしてみてください。

巾着

巾着も飾りとして使われるものの1つになります。

巾着は昔はお財布として使われていました。

そこで七夕飾りでもよく使われていて、
お金が貯まりますように、商売繁盛などの願いが込められています。

まとめ

ここまで七夕飾りの折り紙での作り方だったり、
様々な種類のおしゃれで立体的なものを
簡単に手作りする方法をご紹介しました。

他にも願いや意味合いなども記載したので、
ぜひ、参考にして頂けたら幸いです。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. doragon1
  2. usagi1
  3. bara1
  4. syriken1
  5. pakupaku1
  6. kyouryu1

おすすめカテゴリー記事

  1. usagi1
  2. pakupaku1
  3. hosi1
  4. bara1
  5. tanabata1