シースルーバングの作り方と巻き方!セルフでも失敗しない方法!

sisuru1

シースルーバングは最近急に広まり始めましたよね。

もともとは韓国で広まり始めたそうですが、
それが日本にも来たって感じですね。

シースルーバングとは前髪を薄くして、
少しおでこが見える感じにするものですね。

もう重い前髪は流行らないという触れ込みで、
今度は軽く薄くが良いみたいですね。

清楚で女の子らしい印象を受けるみたいです。

日本では石原さとみさんとかがしてたので、
それで可愛いって感じで一気に広まってるみたいです

ちなみに美容院でしてくださいと言って、
実際は全然違うものになるという失敗も話に聞きます。

そこでセルフでも失敗しないシースルーバングの
作り方と巻き方についてご紹介します。

Sponsored Links

必要な道具は?

まずは必要な道具から記載します。

・ハサミ
・クシ
・ヘアアイロン

道具は基本的にこれだけで十分です。

あと髪を切る際に散らばらないように、
シートとか新聞紙とか敷いてやったほうがいいかもしれません。

シースルーバングの作り方と巻き方!

実はシースルーバングはセルフでやろうと思えばわりとできてしまいます。

髪を切るハサミも普通に売っているので、
そういったもので鏡を見ながらやっていきます。

では、実際に作っている動画があるのでご覧ください。

1.まず前髪をすべて前の方に下ろしていきます。

2.下ろしたら1度センターで2つ分けしていきます。

3.センターで分けた後に中心の前髪だけを前に持ってきて、
分けた髪の根元が三角形になるように分けていきます。

上手く取り分けると三角形とわかるすじができます。

ここは動画のほうを見た方がわかりやすいかなと思います。

4.次に前髪を切りたい長さよりも少し長めに残して、
切り過ぎないように横にバッサリと切ります。

この際に思いっきり引っ張って切ると、
切りすぎてしまう傾向にあるので注意しましょう。

5.横にバッサリと切った後はパッツンになるので、
毛先をちょんちょんとジグザグになるように切ります。

6.次は切った髪と顔周りが馴染むように髪を切っていきます。

7.顔周りは上からスライドさせるように切っていきます。

8.ここは自分でやるのは少し難しいのですが、
左右のバランスはなるべく同じにするようにしましょう。

コツとしてはあまりだいたんに切らずにちょこちょこと、
左右のバランスを見ながらスライドさせて切ることです。

9.最後に全体のバランスを見て調整していきます。

10.次に切った前髪をヘアアイロンでくるりと軽く巻きます。

11.その後は顔周りの髪をくるりと巻いていきます。

これでシースルーバングの完成です。

最初はセルフでやると失敗しやすいので、
とにかく細々とゆっくり切っていくのがコツです。

えいっ!とざっくり切ってしまうと後に戻れなくなりますよ。

前髪を切らずにシースルーバングを作る方法!

最近は前髪を切らずにシースルーバング風に見せる方法もあります。

自分で切るのが上手くできないという場合は
試してみるといいかなと思います。

実際に以下の動画でやり方があるのでご覧ください。

シースルーバングのアレンジ方法!

シースルーバングには様々なアレンジをすることで、
また一味違った感じに魅せることもできます。

自分なりにアレンジしていくといいですね。

そこで実際にその中の1つを実践したものが
以下の動画であるのでご覧ください。

また関連記事として他の前髪のやり方なども
記事にしているのであわせてご覧ください。

1.くるりんぱの簡単なやり方とヘアアレンジ方法!前髪での作り方も!

2.かきあげ前髪の作り方!立ち上げバングの失敗しないやり方も!

3.前髪くるんの巻き方とやり方は?ストレートアイロンやコテの使い方も!

4.前髪の切り方!ぱっつんや斜め流しやアシメの失敗しないセルフカット!

まとめ

ここまでセルフでも失敗しないシースルーバングの
作り方と巻き方についてご紹介しました。

ぜひ興味があれば1度作成してみてください。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. sukato1
  2. tuin2
  3. husen1
  4. bareta2
  5. gosyu1
  6. burochi1

おすすめカテゴリー記事

  1. kosajyu1
  2. arubamu2
  3. kurisumasukaresi1
  4. siru1
  5. karesik1